メガネ拭きの洗い方と普段のお手入れ方法。クロスと使い捨てどっちが良い?

目の悪い方であれば、毎日日常的にメガネを使う人は多いと思いますし普段はコンタクトレンズを使っている人でも夜や家に居る時はメガネを使う人も多いのではないでしょうか。

 

メガネは目元をレンズが覆うので、どうしてもまぶたやまつ毛などの汚れが付いてしまいます。

 

毎日使う度に拭いていると、段々と汚れは溜まってくるのでメガネだけでなくメガネ拭きもお手入れが必要になります。

 

定期的にしっかりお手入れすることでレンズを傷つけることもなく、メガネ拭きも長持ちさせることが出来るはずです。

 

そこで、今回はメガネ拭きの洗い方と普段のお手入れ方法、使い捨てのものとどちらが良いのか、プレゼントにも最適なおしゃれなクロスについてもご紹介します。

スポンサーリンク

メガネ拭きの洗い方・普段のお手入れ方法

 

メガネ拭きの素材ですが、一般的にはマイクロファイバーが使われていることが多いです。

 

マイクロファイバーは、極細の繊維で作られた密度が高い布地で主にポリエステルやナイロンなどから出来ています。

 

なので、レンズを拭くだけで簡単に汚れが取れるわけですがそれも使っているうちにメガネ拭きに汚れが溜まってくると拭いても段々汚れが取れにくくなってきます。

 

そこで、そんな時は一度洗うと汚れが落とせるのですが方法は主に二つあります。

 

・洗濯機を使った方法

メガネ拭きだけを、小さめのネットに入れてあとは他の洗濯物と一緒に洗うだけです。
生地が傷むので漂白剤柔軟剤は使わないようにし、汚れを落とす作用だけがある洗剤を使うようにしましょう。
乾かす時は風通しの良いところに陰干しします。

・手洗いする方法

洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤(若しくは洗濯用石鹸を泡立てる)を垂らしその中にメガネ拭きを入れます。
ジャブジャブともみ洗いしたら、2度3度よくすすいでから絞って水気を切ります。
クロスが傷むので、直接洗剤を垂らしたり石鹸を付けたりせずにぬるま湯の中で洗うようにします。

 

洗濯機で洗うのであれば、手間がかからず簡単ですがどちらかというと全体的な汚れを落とすのに向いています。

 

手洗いのほうは、手間も時間もかかりますが部分的な汚れも落としやすいので目立つ汚れがある場合は手洗いのほうが良いでしょう。

洗うのは二週間に一回、一カ月に一回など定期的に行うと良いですがメガネ拭きを使った後は毎回必ずゴミ箱の上ではたいたり、軽くブラッシングするだけでも汚れは溜まりにくくなります。

 

メガネ拭きにも、繰り返し使えるクロスタイプもあれば使い切りタイプの使い捨てメガネ拭きも存在します。

 

どちらを使うほうが良いのかは、メガネを使うシチュエーションなどによっても変わってきそうです。

 

次のページでは、繰り返し使えるクロスと一回きりの使い捨てタイプのどちらが良いのかについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す