空き巣に狙われやすい家の特徴とは?すぐにでも始めたい対策は?

 

large-home-389271_1280

 

日本では、毎年100万件以上の空き巣被害があると言われているほど治安が良いイメージがあっても案外身近に起きている被害があります。

 

空き巣による被害は、何も都会の人口の多い場所だけではないので地方であっても条件さえそろえば空き巣の被害を受ける可能性はどの家庭にもあるわけです。

 

出来る限り対策を取ることで、家や家族を守って安全に生活していけるようにするのがベストですよね。

 

そこで今回は、空き巣に狙われやすい家の傾向と対策、空き巣の被害に遭った時の対処法などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

空き巣に狙われやすい家には傾向がある?

 

window-frame-1149117_1920

 

空き巣は出来るだけリスクの低い、一定の条件が整っている住宅に侵入しやすい傾向があると言われています。

 

最初に必ず下見をしてしっかりと計画を練ってから行動に移すことが多いため、隙を与えると狙われてしまいます。

 

空き巣に狙われやすい住宅の構造としては、一軒家が最も多いですがその次にマンションやアパートと続きます。

 

侵入経路としては、最も多いのがベランダや縁側、窓になるのだそう。

 

留守であることがわかりやすく、登れるような足場がある、周辺に高い木や塀などがあって死角が多い家、人通りが少ない場所や駐車する場所と道路の境目がわかりづらいような住宅は狙われやすいと言われています。

 

また、公園に近い家は不特定多数の人が自然と集まりやすいため下見もしやすく、幹線道路や線路沿いの住宅は音が大きいため物音がかき消されるため空き巣にとって好都合であることがあります。

 

庭が広い家や誰が見ても裕福だと思えるような敷地面積の広い家は、やはり対策を取っていないと狙われやすいと言えます。

 

ちなみに、狙われている家の標識やインターホンなどにはマーキングと呼ばれる住人の情報を示す一種のマークのような物が書かれることがあります。

 

そのマーキングには住人が家に居る時間帯、年代、性別、家族構成などが含まれていることが多いのだそう。

 

空き巣被害に遭う前に無言電話があることも多く、それは住人の留守を確かめるためのものでそうなると色々な情報が既に空き巣に把握され狙われている可能性が高いのようです。

 

見覚えのない文字、数字、マーク、シールなどが貼られている場合は狙われていることを示しているかもしれないでのしっかりと防犯対策をしたいですね。

 

次のページでは、自分で出来る防犯対策についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す