タロット占いで見るカルロス・ゴーン氏の今後の行方について

最近テレビをにぎわせている話題の一つ。

日産前会長カルロス・ゴーン氏の突然の事件に驚いた人も多いのではないかと思います(;’∀’)

 

日産を立て直した偉人に対する高い評価の裏に本当に不正があったのかどうか疑う人も多いと思うのですが、実際のところはどうなんでしょうか…?

今回はカルロス・ゴーン氏の過去と現在、未来についてタロットで占ってみました💡

 

結論から言うと、あまり良くないカードが出たので今後さらに問題は大きくなっていくことが予想されそうです💦

日仏企業間の摩擦も避けられないでしょう。

スポンサーリンク

過去と現在、未来のカード

 

引いたカードはこんな感じでした👇

 

  • 過去:THE SUN(太陽)の逆位置
  • 現在:THE DEVIL(悪魔)の逆位置
  • 未来:THE HANGED MAN(吊るされた男)の逆位置

 

過去:THE SUN(太陽)の逆位置

 

太陽のキーワードは、エネルギー成功など。

太陽が逆位置で出た場合は、スタミナ不足によるエネルギー切れ、精神的に未熟なために起こるトラブル、遊び過ぎて幸福が終わることなどが考えられます。

 

現在:THE DEVIL(悪魔)の逆位置

 

デビルのキーワードは、欲望誘惑です。

逆位置で出た場合は、感情に流された結果不正を働いてしまう、悪習慣を取り除きストレスがなくなる、解放されて自由になる、立ち直るなどの意味があります。

 

未来:THE HANGED MAN(吊るされた男)の逆位置

 

吊るされた男は、忍耐奉仕の精神がキーワードです。

逆位置で出た場合は、焦りを感じ悪あがきをしますが裏切られ恥をかき、笑い者にされるどうにもならない状況となります。

~~~

今回全て逆位置で出たのですが、あまりに沢山逆位置が出るとカードが疲れているか扱う人が疲れているということで人によってはカードを切り直すことがあります。

場合によっては正位置で読むこともあります。

 

が、私の場合カードを休ませても期間を空けても毎回同じカードが出るんです。

なので、全て逆位置だとしても切り直さず、それがいま必要なメッセージなんだと思いそのまま解釈しています💡

 

今後の行方について

 

出たカードの内容をまとめると、カルロス・ゴーン氏の過去は自分中心で周りが見えなくなり周囲から孤立していた部分があったようです。

家庭を含む人間関係のトラブルもあり、失うものもあったのでしょう。

 

感情に流されて不正を働いてしまったものの、今現在は悪い状況から解放され自由な状態になります。ストレスもなくなり立ち直ることが出来るようです。

そのためには、欲望や執着を捨てなくてはいけません。

 

しかし、今後は問題はさらに大きくなり迷路に入り込んでしまうようです。

焦って悪あがきをしても、どうにもならない状況でむしろ自己中心的な考えが更なる不運を呼ぶことになるでしょう。

 

人から裏切られ、恥をかき、笑い者にされるであろう未来が待っています。

これは全て過去の行いの結果なので、過去を省みながら今の自分に出来ることをやっていくべきです。

 

なす術はないので、なるようにしかならないと今後の動向を見守るしかなさそうです。

それでもこの経験は自分の足りなかったものを埋める大事な機会になるでしょう。

 

カードを見た感想

 

カードを見た感想としては、今現在はそれほど悪い状況ではないと思います。欲望や執着を捨てることで、悪い状況から解放されるわけですから。

それよりも注意すべきは今後です。

 

今後他の問題も明るみになり、今ある障害がさらに大きくなっていくことで窮地に立たされるでしょう。

仏政府は推定無罪で解任先送りとしましたが、その判断も覆されるかもしれません。

 

また、日産とルノーの提携見直しもささやかれていますがその可能性は濃厚なものになりそうです。

この事件をきっかけに日仏企業間の摩擦は大きくなっていきそうです。

 

全く異なる文化を持つ国同士が協力して連携を強めていくのは難しいことだと思いますが、両国の発展につながるような結果になればと思います。



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket