夏に体感温度を下げる方法とは?体を冷やす食べ物はどれを取るべき?

 

flower-399409_1920

 

体感温度とは、人が感じる温度の感覚を数値で表したものです。

 

気温や室温だけでなく、湿度や風の関係から影響を受けるので、気温や室温以上に暑く感じたり逆に寒く感じたりすることがあります。

 

体感温度を下げることで、必要以上に暑さを感じず熱中症の予防にもなり快適に過ごすことが出来るようになります。

 

今回は夏に体感温度を下げる方法や食べ物、熱中症予防についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

体感温度を下げる方法とは?

 

ice-cream-sundae-1058249_1920

 

異常気象で高温が続く日も珍しくなくなってきた夏ですが、節電対策としてエアコンの温度設定を高くしている企業やお店なども多くなっています。

 

ですが、多くの人が集まる公共施設や交通機関はガンガンに冷えていたりと場所によって極端すぎるので体温調節がなかなか難しかったりします。

 

体感温度を下げるだけで、少しでも快適に夏が過ごせるようになれば体温調節にそこまで神経質になることも無く体調を崩すリスクも少なくなります。

 

体感温度を下げる方法には、いくつか種類があります。

 

○機能性下着の活用

マイナス何度という、冷感触感タイプの機能性下着は夏前になると一気に市場に出るのが定着してきています。
体から発する熱がすぐに繊維に吸収されることで、涼しく感じるという仕組みになっています。

 

○ペパーミントのアロマを嗅ぐ

ペパーミントは清涼感が感じられるアロマとして知られ、嗅ぐだけで体感温度が4度も下がるというデータも出ていると言われます。
ハンカチにそっと数滴垂らして持ち歩くだけでも、清涼感が得られそうです。

 

○血液量が多い部位を冷やす

首や足の付け根は血液量が多いところで、血管も太くなっています。
体全体を一気に冷やすよりも、首の後ろや足の付け根などを部分的に冷やす方が体感温度は低くなります。
ミニサイズの保冷剤を利用して、適度に冷やすのがおすすめです。

 

ちょっとしたことですが、実践することで数度体感温度が下がればそれだけ涼しく過ごしやすくなるのです。

 

暑さによるダメージは肉体的にも精神的にも大きいので、出来ることから生活に取り入れていきたいですね。

 

体の熱を下げてくれる食べ物もいくつか存在するので、普段の食生活に取り入れるのも良いですね。

 

次のページでは、体の余分な熱を取り冷やしてくれる食べ物についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す