美白化粧品は日焼け前に使うべき?日焼け後の正しいケア方法とは?

sky-1128950_1920

白く透き通った肌は誰もが憧れますし、出来ればシミやくすみなどとは無縁の肌で居たいですよね。

 

でも紫外線はほとんど毎日、家の中に居たとしても少なからず浴びるものですし夏場は特に影響を受けやすくなります。

 

なるべく日焼けしないようにすることも大事ですが、日焼けしてしまった後のケアも欠かせません。

 

今回は日焼けしにくくなる美白化粧品の使い方や、日焼けをしてしまった後のケアについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

美白化粧品は日焼け前に使う

bokeh-534224_1920

日焼けをしてしまってから白さを取り戻すために美白化粧品を使う人が多いと思いますが、実は日焼けをする前にケアするべきだと言われています。

 

美白化粧品というのはそもそもメラニンの生成を防いでシミやくすみを出来にくくするためのものなので、日焼けをしてしまってからメラニンを排除する働きはあまり期待できないのです。

 

なので、日焼けする前にケアしてメラニンが作られにくい肌環境を作っておくことが大事なんですね。

 

10代から20代前半の若いうちは代謝が良いので、多少黒くなってもすぐに元の白さを取り戻すことも出来ます。

 

ですが、年齢を重ねるにつれて肌の代謝も落ちていくので日焼けしたらなかなか戻らないことも多いんですね。

 

一日中紫外線を浴びることが予想される日の前日はもちろん、前々日くらいから保湿を意識して美白化粧品を使っていくことが大切です。

 

外で長時間過ごす予定がある時、日焼けしやすい環境になることがわかっていればその数日前から準備を始めて日焼けしにくい肌作りをすることが大事ですね。

 

柑橘系のフルーツにはソラレンという紫外線を吸収しやすくする物質が含まれているので、出かける前に柑橘類を食べるのを避けることで余分な紫外線もカットすることが出来ます。

 

また、日焼け止めを正しく使うことも大事なので今一度正しい使い方を確認しておくことも大切ですね。

 

次のページでは、日焼け止めの正しい使い方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す