日焼け後の対策にはどんなパックが良い?ケアに取り入れたい成分とは?

夏は、キャンプや海、プール、バーベキューなど色々なアウトドアの楽しみがありますが炎天下だとちょっと外出しただけでも日焼けをしてしまうことがあります。

 

太陽の光を体いっぱいに浴びることは骨を強くし精神にも良い影響を与えますが、あまり強い日差しだと日焼け後は肌のダメージが気になるところです。

 

特に、肌が黒くなることやくすみ、シミなどが気になるという人も多いと思います。

 

日焼け後は肌が敏感になることで、トラブルが起きやすくなるだけでなくヒリヒリと痛みが出たり乾燥もしやすくなるためしっかりとケアを行う必要があります。

 

今回は、日焼け後の対策に使うパックや効果的に肌を回復させる方法、ヒリヒリ痛い時の対処法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

日焼け後の対策に使うパック

sun-flower-1009070_1920

日焼けをすると、紫外線が肌の奥深くまで入り込み皮膚がんを誘発するのでそれを阻止するためにメラニンが生成されます。

 

一時的に紫外線を浴びるだけであれば、肌の再生に伴い生成されたメラニンも消えてくすみやシミになることもありません。

 

しかし、一気に大量に紫外線を浴びたり長時間浴びるとメラニンが蓄積されてそれがくすみやシミの発生につながります。

 

メラニンは、肌を守るのに必要なものですがあまり多く生成され過ぎてもまた肌に良くないということなんですね。

 

また、大きなダメージを受けた肌はシワやたるみなど老化の元にもなります。

 

日焼けした直後は肌は火照っている状態なので、まずは炎症を防ぐためにもとにかく冷やすことが大切です。

 

実際に手で触ってみても、火照りを感じ熱を感じますが肌内部はそれ以上に温度が上昇しています。

 

日焼け後数時間以内に冷やすことが鉄則なので、出来る限り早く冷やすこと冷却効果のあるパックを使うことも良いです。

 

アクアレーベルの美白パックは、メラニンの生成を防いで炎症も抑えるトラネキサム酸がたっぷり入っているので日焼け対策に良いと美容部員さんに勧められてからずっと使っているものです。

 

私は、今日は日焼けしたなと感じる時のケアやこれから日焼けしそうだなと感じる前に予防としても使っています。

 

冷蔵庫などで十分に冷やしてから使うと、かなりサッパリできて十分保湿も出来るので毎年夏は必ず使います。

 

日焼けをしたらすぐに美白を、と考え火照っている状態で徹底的に美白ケアを行う人が多いです。

 

しかし、美白出来るものは肌の乾燥を招くものが多いので火照っている段階の刺激を感じやすい時は美白よりも保湿作用があるパックを使ったほうが良い場合もあります。

 

火傷のような状態で既に荒れてしまっている場合は、冷やすだけにしてパックなどのケアは後回しにしたほうが良いでしょう。

 

低刺激性の化粧品で最低限の保湿をし、肌に負担をかけないことが大事になります。

 

次のページでは、保湿に取り入れたい成分についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す