エッセンシャルオイルのお風呂での使い方。肌がピリピリしない方法とは?

plastic-bottles-1080430_1920

エッセンシャルオイルとは、植物の花や果実などの葉や種、皮などから抽出した精油のことです。

 

同じ種類の植物でも原産地によっては香りや成分が少しずつ違っていたり、とにかく沢山の種類があります。

 

そんなエッセンシャルオイルはウイルスをやっつけたり、虫を寄せ付けない作用の他、心身ともにリラックスさせてくれたりやる気や食欲を増加させてくれるなどの働きもあります。

 

なので、日常的に、定期的に生活に取り入れている人も多いです。

 

そんな便利なエッセンシャルオイルは、アロマディフューザーに垂らして使ったり、布に軽く染みこませたりと色々な使い方があります。

 

今回は、お風呂で使う方法や肌がピリピリしない方法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

エッセンシャルオイルをお風呂で使う方法

hotel-890218_1280

エッセンシャルオイルは原油のままだと刺激が強すぎるので、肌に直接塗ったり素手でそのまま触るのも絶対にダメです。

 

フルーツなどの果実であればまだ良いですが、山で植物を触れば皮膚がかぶれることがあるようにエッセンシャルオイルも直接肌につけることは出来ません。

 

ですが、ほんの数滴お風呂に垂らす分には問題ないのでお風呂に入れて使う方法もあります。

 

オイルを選ぶ時は必ず100%天然のものを選び、もちろん合成の香料が入ったものは控えます。

 

お湯をいっぱいに張ったお風呂にほんの数滴オイルを垂らしたら、まんべんなくよくかき混ぜてから入るようにします。

 

分量を守らずに多めに入れてしまうと肌への刺激がある場合があるので、決められた分量よりも少なめに入れるほうが安心です。

 

お風呂にお勧めのオイルには、以下のものが代表的なので参考までに。

 

・リラックスしたい時

カモミールやイランイランなど

 

・疲れている時、眠れない時

ネロリやラベンダーなど

 

・デトックスしたい時

サイプレスやジュニパーなど

 

初めて使う場合は、カモミールやラベンダーなど刺激が比較的弱いものから試してみると良いかもしれません。

 

しかし、肌がもともと弱い場合、その時の体調でたまたま肌が敏感になっている時もあります。

 

なので、刺激から肌を守るには使う前の一工夫が大事になります。

 

次のページでは、肌がピリピリするのを防ぐ方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す