キャベツの千切りはいつ洗うの?やり方と保存方法とは?

kohl-190821_1280

春が旬の野菜の代表的な存在であるキャベツ。

 

旬の時期は生で食べても良いですし、煮ても良し、炒めても良し、蒸しても良しなのでサラダにしたりスープに入れたりお好み焼きにしたりと様々な食べ方が出来ます。

 

そのまま食べてもバリバリと食べ応えがありますし、たとえ余っても色々な料理に使えるので大量消費しやすい野菜でもあります。

 

キャベツと言えば、千切りにしておかずの付け合わせにすることも多いですが一体どのタイミングで洗うものなんでしょうか。

 

今回はそんなキャベツの千切りを洗うタイミングや上手く千切りにするコツ、保存方法、栄養などについてご紹介します。

スポンサーリンク

キャベツの千切りのコツ

 

cabbage

 

キャベツの千切りは、細く大量に切るのは思っている以上に意外と難しかったりします。

 

キャベツ一玉を半分に切って、その切り口をザクザク切っていこうと思っても慣れていないと千切りが太くなってしまったり均一には切れにくいものです。

 

ピーラーやスライサー、機械を使うという方法もありますが、コツさえつかめば包丁で上手く着れるようになるはずです。

 

切り方のコツとしては、まずよく研いだ包丁で押して切るのではなく引くようにして切ります。

 

押すようにして切るやり方は結構やってしまいがちなのですが、引いて切るほうが切りやすいですし綺麗に切れるはずです。

 

少量の千切りであれば数枚葉を剥がして芯を取り、同じ方向に重ねたら丸めて繊維に沿うように縦に切るようにします。

 

そうするとシャキシャキと歯ごたえの良い千切りにすることが出来ます。

 

野菜は食べる前には一度軽く洗ったほう良いと言われますが、キャベツの千切りに関してはどのタイミングで洗うべきかよくわからないという人も多いです。

 

次のページでは、キャベツの千切りを洗うタイミングについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す