舌苔がつく原因と除去方法とは?臭いの元と色の違いによる病気との関係

 

 woman-1006100_1920

 

舌苔というはその名の通り舌の表面に付着するコケのようなもので、通常健康であればピンク色の舌に薄っすらと白く付着して見えるものです。

 

人によって個人差はありますが、一日三食食べたり飲んだりすればその分口内も汚れますし多少なりとも舌苔はつくことが多いです。

 

しかし、あまりにもびっしりと舌苔がこびりついていると口臭の元になるので気を付ける必要があります。

 

口内も、細菌が繁殖しすぎず健康的な環境にすることが出来たら一番良いですよね。

 

そこで今回は舌苔がつく原因と取り方、臭いの元などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

舌苔がつく原因とは?

 

eating-1047389_1920 

舌苔とは、もともとは舌の表面の角質が伸びて硬くなったもののことです。

 

舌の上皮が剥がれてカスになったものに、食べカスが溜まっていることで一見すると白っぽく見えるようになります。

 

歯の隙間に汚れが溜まり、細菌が増殖すると舌苔がつきやすくなり歯磨きがしっかり出来ていないなど口内の衛生状態が悪いと舌苔も悪化することが多いのだそう。

 

口呼吸をしてしまって唾液の量が少ない場合にも、細菌が増殖しやすいので舌苔がつきやすくなります。

 

加齢に伴って舌の運動機能が低下することで起きることもありますが、原因不明の場合もあるようです。

 

そもそも、歯の磨き方は子供の頃に習い身につけたとしても舌苔の取り方までは習わないですし日頃舌苔も意識してきれいにしようと考える人は少ないようです。

 

そのため、正しい除去方法を覚えることで通常であればそんなに舌苔がこびりつくことはないはずですし口内もより清潔に保つことが出来るようになるでしょう。

 

次のページでは、舌を傷つけない舌苔の除去方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す