善玉菌の効果や悪玉菌の違いは?増やすには発酵食品・食物繊維が必要?

 

appetite-1239063_1920

 

善玉菌とは、人間の体内で健康維持に欠かせない細菌として主に腸内に生息している菌のことです。

 

菌と言えば、それだけで悪いようなイメージがありますが菌であれば全て悪いというわけではなく菌にも良いものと悪いものがあります。

 

善玉菌は、体にとって必要不可欠な存在であり健康促進のためにはこれからも増やしていくことが大事になります。

 

増やす方法は、主に発酵食品を取ることと食物繊維が豊富なものを取ることになります。

 

そこで今回は、善玉菌の効果や悪玉菌との違い、増やし方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

善玉菌の主な効果とは?

 

oil-in-water-1438392_1920

 

善玉菌と一口に言っても、膨大な数がありその種類はなんと約500種類にも及ぶと言われています。

 

その中でも特に代表的なものが、乳酸菌とビフィズス菌、納豆菌、麹菌、酵母菌などの5種類と言われています。

 

・乳酸菌

糖を分解して乳酸を生み出し、大腸のあらゆる病気を予防してビフィズス菌の働きを活性化します。

・ビフィズス菌

酢酸と乳酸を生み出すことで、体に悪影響を与える細菌の繁殖を防いで腸内環境を守ります。

・納豆菌

タンパク質や糖質を分解して消化を促し、血栓が出来ないようにする働きの他にも乳酸菌を増やす働きをしています。

・酵母菌

余分な脂質やカロリーの分解でダイエット作用、活性酸素の除去に努め老化を防ぐ作用、免疫力を高める作用などがあります。

・麹菌

酵素タンパク質を生み出し、胃腸の働きがスムーズに行われるようにサポートする働きをしています。

 

これらの善玉菌を積極的に増やしていくことで、腸内環境を整えて胃腸の働きを高めコレステロールを下げたりダイエット作用や免疫力が得られると考えられます。

 

ビタミンや酵素を体内で作り出すことで、美容にも健康にも良い体作りが内側から出来るようになるでしょう。

 

次のページでは、悪玉菌との違いについてご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す