ゆで卵が電子レンジで温めると爆発する原理は?温め方とアルミホイルで簡単な作り方

アルミホイルを使って作る方法

 

coffee-mugs-459324_1920

 

ゆで卵が1個しか必要ない時や出来るだけ手間をかけずに作る時は、アルミホイルと電子レンジを使って作ることが出来ます。

 

たった1個のゆで卵を作るためだけに、わざわざお鍋にお湯を沸かして作るというのも面倒だったりしますからね。

 

生卵をアルミホイルで隙間が出来ないようにしっかり密着させて包んだら、耐熱カップに水を入れてその中に卵を沈めます。

 

耐熱カップは何でも良いですが、卵とアルミホイルがすっぽり入るように少し縦長で持ち手がついているマグカップを使えば使いやすいと思います。

 

容器の口にほんの少し隙間ができるようにふわっと最後にラップを乗せたら、500wで約5分レンジでチンします。

 

スポンサーリンク

出来たら卵を水の中に入れながら、または流水で軽く流しながら卵の殻をむいていけばゆで卵の出来上がりです。

 

そのままアルミホイルを電子レンジに入れると通電して発火することがあるので、通常は電子レンジ×アルミホイルは危険なので使えません。

 

しかし、水に入った状態のアルミであれば発火するのではなく水を沸騰させるので卵も破裂しないのです。

 

アルミが空気に触れないようにしっかりと水の中に入れて加熱すれば、安全に上手くゆで卵が電子レンジで作れるでしょう。

 

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

ゆで卵が電子レンジで爆発する原理と破裂させずに温める方法、電子レンジでゆで卵を作ってしまう方法などについてご紹介しました。

 

ゆで卵を温める時は徐々に慎重に様子を見ながら温めて、適度に切れ目を入れたり穴を開けで水蒸気を逃すようにしてゆっくり温めましょう。

 

それか、食品の内部が100度以下になるように注意しながら温める必要があるんですね。

 

たった1個だけゆで卵が必要という時は、電子レンジを使うとすぐに簡単に作れるので便利ですね。

 

あまり時間がない時でも、電子レンジがあれば簡単にゆで卵が作れるので少しでも参考になれば嬉しいです。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す