タンポポの綿毛が飛ぶ時期は?耳に入ると危ない理由・気を付けたいアレルギー

spring-1354621_1920

 

タンポポは、道端やコンクリートの隙間などどんな場所でも力強く成長するほど強い生命力を持った植物の一つです。

 

黄色く、元気なイメージの花を咲かせたらその後に真っ白で真ん丸な綿毛をつけます。

 

ふわふわとした綿毛に息を吹きかけて飛ばすなど、子供の頃に遊んだ記憶があるという人も多いのではないでしょうか。

 

タンポポは、耳の中に入るとダメという話を聞いたことがある人も多いと思いますがただの迷信ではなく気を付けたほうが良い理由があります。

 

今回は、そんなタンポポの綿毛の時期と耳に入ると危ない理由、アレルギーとの関係などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

タンポポの綿毛が飛ぶ時期はいつ?

 

dandelion-54314_1920

 

フワフワと空に舞う姿が印象的なタンポポの綿毛ですが、学校の帰り道などに吹いて帰った記憶があるという人も多いはず。

 

ヨーロッパでは、昔から日本の花占いのように相手の気持ちを知るために抜き取って占いをする恋占いのような感じで使われてきた植物であると言われています。

 

「別離」、「愛の信託」、「真心」などといった花言葉もタンポポのイメージにふさわしいですね。

 

そんなタンポポは、毎年3月頃から5月頃にかけて花が咲く春の植物でありその後一か月くらいして花期が終わり枯れるとそのタイミングで綿毛になります。

 

なので、大体4月から6月くらいにかけて綿毛が発生するようになります。

 

身近な存在のタンポポですが、綿毛が耳の中に入ると良くないという話は迷信ではなく事実なので気を付けたいものです。

 

次のページでは、綿毛が耳に入ると危険な理由についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す