刈谷わんさか祭りの時間・日程と穴場スポットとは?使える駐車場は?

 

fireworks-1382032_1920

 

刈谷わんさか祭りとは、愛知県は刈谷市で毎年行われる夏祭りのことを言います。

 

前夜祭として、前日の盆踊りから始まり当日はステージショーや体験型アトラクション、花火も楽しめるという子供から大人まで楽しめる夏祭りとなっています。

 

色々な楽しみ方が出来る夏祭りなので、家族や友人などと大勢で楽しむと盛り上がりそうですね。

 

例年15万人程度が集まると言われ、毎年盛り上がりを見せているお祭りの一つですが事前に穴場をしっかりチェックしてしっかり満喫したいところです。

 

今回は、刈谷わんさか祭りの時間や穴場スポット、場所取り、使える臨時の駐車場などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

刈谷わんさか祭りが開催される時間・日程とは?

 

nbo

 

刈谷わんさか祭りは、2016年は8月19日(金)から前夜祭で盆踊りが行われ8月20日(土)は本祭となり2日間開催されたので2017年も8月18日(金)に前夜祭、8月19日(土)に本祭が行われる予定です。

 

この日程だと、金曜日の夜から土曜日一日はめいっぱい楽しむことが出来て週末の最後、日曜日はゆっくりできるので理想のスケジュールですね。

 

前夜祭は、11時から21時までは200以上ものお店・屋台が出てお昼から午後にかけてはお笑いライブやショー、コンサートなどが行われ夕方からは盆踊りが行われます。

 

次の日の本祭は、11時頃から様々な体験型アトラクションや催し物が行われ19時から20時過ぎ(20時15分頃)まで花火大会が行われます。

 

花火は7000発ほど打ち上げられ、愛知県でも第四位の人気と言われるほどの盛り上がりを見せます。

 

前夜祭も本祭も朝から晩まで、子供から大人まで十分楽しめそうです。

 

花火だけを見る、という人も居ると思いますが出来れば良い場所から迫力ある花火を楽しみたいですよね。

 

次のページでは、穴場スポット・場所取りについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す