ピンホールメガネの効果ってどうなの?視力回復を促す使い方を検証!

image1 (2)

もともと視力の良い人、悪い人というのは人それぞれ居ますが最近はスマホやタブレットの普及で以前よりも視力が落ちる人がかなり増えているようです。

 

私の周りでも、ついこないだまでは裸眼で視力が良かったはずなのに気付けば最近メガネをかけているという人も少なくありません。

 

一旦落ちた視力を改善するのはなかなか難しいことなのですが、それでも目が悪い人からしたら少しでもどうにかして視力改善出来たらいいなと思うものです。

 

最近はレーシックや矯正用コンタクトレンズも出てきて、以前よりずっと矯正しやすい環境はあるはずですが治療となるとそれはそれでまた勇気がいるものです。(あとお金も)

 

なので、今回はあまりお金をかけずにこっそり視力改善のトレーニングをしたり自宅でメガネ代わりに使うためのピンホールメガネの効果や視力改善を促す使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ピンホールメガネが視力回復に良い理由

 

そもそもピンホールメガネって何?ということですが、ピンホールメガネは無数に穴が空いたメガネのようなもののことでその小さな穴から物を見ることになります。

 

目は左右一つずつしかないのに、穴が沢山あってどうやって見るの?と思いますがいくつかある穴でもちょうど焦点が合う穴があるはずです。

 

その穴から遠くのものを見ると、目が悪い人も裸眼で遠くのものが見えるという仕組みになっています。

 

これは、視力が悪い人が遠くのものを見る時に自然と目を細めてしまうことと同じ事です。

 

目を細めるという行為は、裸眼では焦点が合わずに見えにくいので目を細めることでレンズの役目をする水晶体という部分を調節して焦点を合わせます。

 

そして、水晶体の厚さを調節する時に毛様体という筋肉を使うのですがピンホールメガネの場合目を細めて焦点を合わせなくても小さい穴から見ることで細い光が焦点に合うように目に届くので裸眼でも遠くのものが見えるようになります。

 

毛様体を休ませることで、視力の回復を図るというのがピンホールメガネをかける目的になります。

 

毛様体もそうですが、目を細めて見るというのは目の周辺の筋肉も収縮させて見ることになるので目元が疲れてしまうことが多いのでそういった目の疲れも緩和されるでしょう。

 

また、近くのものばかり見ていても毛様体を酷使し過ぎるので緊張状態が続きます。

 

近視になるのは、この毛様体の疲れというのも要因の一つとなっているようでだからよく視力低下を防いだり改善するには遠くのものを見ると良いと言われています。

 

遠くのものを見る時、毛様体がゆるやかになって休めることが出来るからです。

 

しかし、視力が落ちてからだと焦点が合わなくなるのでピンホールメガネを使って遠くのものを見るようにすると良いのです。

 

実際は遠くのものを見る機会よりも近くのものを見る機会の方が多いですよね。スマホだったり本だったりと。

 

なので、視力が良い人は日頃から遠くのものをなるべく見る機会を作ったり、視力が既に落ちている人はピンホールメガネを使って毛様体を休ませてあげることで視力回復につながるようにすると良いでしょう。

 

次のページでは、おすすめの使い方と日々のトレーニング方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す