パソコンが重い!ハードディスク内の空き容量の確認と増やす方法「vista編」

vistaのノートパソコンを使い始め早10年くらいになるのですが、パソコンに詳しくない私は今まできちんとウイルスバスターを導入したりバックアップを取ったりといったセキュリティ対策やシステム管理を一切行っていませんでした。

 

初めて買った時は、少しのネット検索と基本はPhotoshopやillustratorを使っていたのであまり気にしていませんでした。

 

少しずつパソコンの知識が増えるとともにセキュリティ対策やバックアップの取り方も一応わかるようになったのですが、ここ最近になってやたらと動作が重く空き容量がないとの表示が毎回出るようになりました。

 

そして、要らないプログラムを削除しまくっていたのですがなかなか容量は減りません。

 

更に、下の記事でもご紹介していますがうっかりネットワークのドライバまで削除してしまいネットに接続できなくなるなどのトラブルが起きました。

関連:dynabookのワイヤレスがつながらない!切断した時・ドライバを削除してしまった場合の対処法

 

パソコンに詳しい上級の方なら、すぐにでも対処出来たりそもそもトラブルは上手く回避できるのかもしれませんが、私の場合は一つ何か作業を行うのに調べては実践してまた調べては実践して..の繰り返しで問題解決に何時間も費やしてしまいます。

 

今回、パソコンの動作を軽くするために色々と調べて実践してみた結果容量をかなり減らすことが出来た(全体の4分の1くらい)のでそのことについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずは空き容量の確認から

 

まず、空き容量の確認から始めますが画面左下にあるwindowsのマークである「スタート」から「コンピューター」に進むとハードディスクの容量が表示されるので大体の合計と空き領域がわかります。

 

パソコン起動時に毎回空き容量不足です、と表示される場合はハードディスクの容量を示すラインが青から赤に変わり空き領域も何ギガもないはずです。

 

詳しい容量の確認は、ドライブの上で右クリックし一番下にある「プロパティ」を選び「全般」をクリックするとグラフのような物が出てきて実際に自分が使っている領域、空いている領域の確認が出来ます。

 

私の場合、1GBもなかったので本当にいっぱいいっぱいな状態でしたが要らないアプリを消してもあまり改善されなかったので疑問でした。

 

ですが、後述するやり方を試せばきっと空き容量は増やすことが出来るはずです。

 

全く使っていない、これから絶対に使うことはないと考えられるアプリがありそれがどんなアプリか理解している場合はまずは要らないアプリから削除していきましょう。

 

「スタート」から「コントロールパネル」に進み、「プログラム」というところに「プログラムのアンインストール」があるのでクリック。

 

パソコン内のアプリの一覧が表示されるので、その中から要らないアプリを選び「アンインストール」をクリックし消していきます。

 

必要か不必要かわからないアプリやどんなアプリかわからないものは、なるべく消さないほうが良いでしょう。

 

もし必要なものだった場合、後から再度インストールするのにも時間も手間もかかりますからね。

 

とりあえず要らないアプリをアンインストールしたら、パソコン内の要らないファイルやフォルダを本格的に整理していきます。

 

次のページでは、空き容量を増やす4つの方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す