打ち水の意味とは?効果・行うべき時間帯の目安とタイミング

 

garden-1037454_1920

 

梅雨が明け、夏が始まると一気に気温が上昇して日差しが強くカンカン照りの暑い日が続くようになります。

 

日中の一定の時間帯だけ暑いのであればまだ良いのですが、そういった日は夜になっても気温があまり下がらず熱帯夜となることが多いです。

 

毎日の暑さから段々食欲不振になったり疲れが取れない、なかなか眠れないなどといった不調も感じられるようになることがあります。

 

そんな厳しい夏には、少しでも涼しくすることで快適な季節を過ごしたいものですしそのために様々な冷却グッズがあちこちで販売されています。

 

また日本では、古くから打ち水という行為が伝統的に行われていて涼しく且つエコに過ごすことが出来ると言われています。

 

今回は、そんな打ち水の意味や効果、目安の時間などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

打ち水の意味とは?

 

scale-hall-972328_1920

 

打ち水とは、庭先や玄関、またはそれらに通じる道などの地面に水をまくという行為のことを言います。

 

昔は、桶と柄杓を使って水を撒いていましたが今はガーデニング用のホースを伸ばして簡単に水撒きが出来るようになっていますね。

 

これは暑い夏場に特によく見かけられたりしますが、実は夏限定ということはなく季節問わず行われているものです。

 

確かに、夏場に行うことで涼を取るという意味合いもあるのですがそれよりも打ち水には神道的な意味合いが込められていてその場を清めるということになります。

 

庭先や玄関、またはそれらに通じる道というのは家にやってくる来客が通る道でもあります。

 

そのため、来客のために通る道を清めておくという日本らしい一つのおもてなしの意味合いが込められているんですね。

 

ただ水を撒くだけですが、夏にやるとちょっとした暑さ対策になると言われています。

 

次のページでは、打ち水による暑さ対策の効果についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す