タートルネックの折り方とは?ネックレスの長さは?

mont-hwan-615565_1920

タートルネックとは、首に密着する丸襟が特徴的な衣類のことでスッポリと首を覆うようにしっかり長さがあるトップスのことです。

 

春や夏はとにかく暑い日が続くと出来るだけ涼しく首回りがスッキリとした服を着ますが、そんな季節も過ぎて寒くなって来るとだんだんと首周りがさびしくなってきます。

 

そんな秋冬には、毎年タートルネックを着回してコーディネートを楽しむ人も多いと思います。

 

タートルネックは首元がほっこり暖かく、上品な雰囲気にもなるので秋冬に着回しして活躍させている人も多いのではないでしょうか?

 

タートルネックは首元がしっかり隠れるので、上手く着こなしてコーディネートするには合わせる小物や髪型のバランスを見るのがポイントです。

 

今回は、秋冬に活躍するトップスの一つであるタートルネックの首元の折り方や合わせるネックレスの長さ、相性の良い髪型などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タートルネックの折り方とは?

hand-277161_1280

タイトですっきりとしたデザインのタートルネックの場合、大人らしい上品な印象になりますが少しゆるくざっくり着るタイプのニット系タートルネックの場合女性らしく可愛らしい印象になるものが多いと思います。

 

タートルネックは首を覆う部分の丈が長めになっているので、素材やデザインによってはそのまま折らずにゆるくクシャっとさせて着ることが出来ますが、どちらかというと全体的にくたっとしたニットでなければ折ったほうがスッキリする場合が多いです。

 

外側に一度折るのが一般的ですが、それぞれ首の長さが違うので自分の首の長さに合わせて少し調節します。

 

絶対に外側に一回折らないといけないという決まりはないわけで、数回折る場合や内側に折る場合もあるのです。

 

特に、自分の首よりもやや長い時は二つ折りではなく三つ折りにしたり、内側に折るとハイネック風になります。

 

ちなみにタートルネックとハイネックは何が違うのかというと、似ているようですがタートルネックは折れるくらい首元を覆う布に長さがあるタイプでハイネックと言うのは首を覆うことはできるけれど折るほどの長さではないもののことを言います。

 

どちらも首元を覆うトップスに間違いはないのですが、タートルネックの方が長さがあるといった感じです。 自由に調節できるものも多いですしね。

 

ざっくりとしたニットの場合やもこもことした厚手のニットの場合は外側に折り、細身のニットやぴったりとしたデザインのもの、首元が縦じまのリブになっているものは内側に折っても良いと言われています。

 

何度も折るとそれだけ生地もそれだけ分厚くなるので、あまりもこもこし過ぎず窮屈にもならない程度に適度に折るようにします。

 

次のページでは、タートルネックに合わせるネックレスの長さと選び方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す