トレンチコートの春と秋の違いは?気温は何度から着る?

一年の中でも、春や秋に羽織るのに欠かせないアウターとして、男性にも女性にも人気のトレンチコート。

 

トレンチコートは、パンツにもスカートにも合わせやすくカジュアルにもキレイめな感じにも着ることが出来て組み合わせもしやすい定番のコートです。

 

流行もあまり関係なく、毎年着ることが出来る点も人気の理由の一つです。ですが、いざ着る時に悩むのが気温が一体何度くらいになったら着るのが良いのかということだと思います。

 

暖かい日であればもっと薄着でも良いのかな、コートはいらないかなと思ってしまいますし逆に寒い日であればもっと厚手のものにした方が良いのかなどなかなか着るタイミングが分かりづらいということもあると思います。

 

そこで、今回はそんなトレンチコートの春と秋の違い、着る気温の目安やコーデなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 トレンチコートの春と秋の違い

 

トレンチコートは、一般的には春にも着ますが秋にも着るのを見ますよね。

 

丈が長めで簡単な防寒は出来ますが、生地自体は薄手でコットンやポリエステルなどといった素材が多いので冷たい風を完全にしっかりシャットしてくれるというわけではありません。

 

春のトレンチコートと秋のトレンチコートの違いは一体何なのかと言えば特に無いのですが、季節的に春はより薄手で秋は春よりもやや厚手のものが多くなります。

 

春に関しては、スプリングコートが出るようになるので色合いも柔らかく春を感じさせるような薄手の軽いコートがありますが、その中に春用の薄いトレンチコートも出ていたりします。

 

春用トレンチコートと秋用トレンチコートと季節によってアウターを使い分けるのも良いですが、ライナー付きのものであれば春から秋まで着られるので一つあれば十分です。

 

ライナーというのは、裏地と一体化しているベストのようなものでキルティング素材で出来ていることが多くファスナーやボタンで取り付けられていて、好きなように取り外しが出来るタイプが多いです。

 

ライナーがあるだけで暖かさが全然違うので、春と秋でトレンチコートを兼用にしたい場合はライナー付きのものを優先的に選ぶと良いでしょう。

 

色に関しては春はやはり明るい色、秋は少し落ち着きのある暗めの色になりがちなので明る過ぎず暗過ぎない色にすれば無難に春も秋も着られますね。

 

春はパステルカラーや色物が着たくなる季節ですが、羽織物は落ち着いた色のほうが使えるので定番のベージュが使いやすいのかもしれないですね。

 

次のページでは、トレンチコートを着る時の気温の目安についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す