年の瀬はいつからいつまで?使い方と挨拶の例文は?

snow-1083604_1920

12月も半ばを過ぎ、段々と年末に近づくとよく耳にする機会や目にする機会が多い「年の瀬」と言う言葉。

 

年末ごろになると使うことが多いと思いますが、時期で言うといつからいつくらいまでに使うべきなんでしょうか?

 

また、挨拶で使う場合はどう使ったらよいのか、例文にはどんなものがあるんでしょうか?

 

そこで、今回は「年の瀬」を使う時期や挨拶での使い方、メールや手紙など文面での例文などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

年の瀬はいつからいつまで?

 

もう今年も年の瀬だね、年の瀬が押し迫っていますが…などとテレビで聞いたり会話でも年の瀬というキーワードが出てくるのが12月です。

 

12月に使われることが多い言葉というのは、知っていますがいつからいつまで使える言葉なのかはよくわからない人も多いのではないでしょうか。

 

よく挨拶状など文面でも「年の瀬」を使うことがありますが、年末、年の暮れを意味するので実はいつからいつまでと明確な期間があるわけではありません。

 

12月に入ってから使い始めますが、12月でも前半はまだそうでもないですが後半になるにつれてどんどん忙しさもヒートアップしていきますよね。

 

12月中旬以降になると、一気に忘年会などイベントが多くなり急にあわただしくなったりする時期があります。

 

そんな12月でも特に忙しい、クリスマス前後から大晦日前くらいまで使われたりします。

 

12月は年賀状を書いて送ったり、お歳暮を贈ったり仕事納めの時期でもありますし、更に忘年会やお正月とイベントがあったり公私ともに何かと忙しくなる時期ですからね。

 

なので、年の瀬という言葉は12月の中でも特に忙しい年末までの時期に使われることが多いんですね。

 

次のページでは、年の瀬の使い方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す