姓名判断の特徴・占える内容は?基本的な画数の見方と吉凶数

占いの一つに姓名判断がありますよね💡

名前の通り、姓名の画数から運勢を見る占いです。

 

名前は自分を表す最も身近なもので、一生かけて付き合っていく必要があるものなので診断内容によっては改名する人も少なくありません。

出来るだけ災難を回避して幸運が舞い込むほうが良いですからね!

 

今回は、

・姓名判断の特徴や占える内容

・画数の見方と吉凶数

などについてまとめてみることにしました。

 

「占いには色々な占術があるからどれを選ぼうか迷ってしまう」

「姓名判断で占えるものや占い方を知りたい」

そんな方の参考になればと思います(´・ω・)

スポンサーリンク

姓名判断とは?特徴と占える内容

 

二文字以上の姓名から画数を割り出し、そこから5つある格数を算出して診断するというもの。

 

陰陽五行がベースになった占いですね、陰陽五行については以下の記事でご紹介しています。

関連:東洋占星術と西洋占星術の特徴と違いとは?どっちを選ぶのが良い?

 

占える内容は、主に人生全般の運勢ですが特に以下のようなものが占えます。

 

・その人が持つ基本的な性格、本質

・恋愛の傾向、結婚運

・家庭運

・自分に適した仕事

・かかりやすい病気、体の弱いところなど

 

五運と呼ばれる5つの格数から成りますが、姓名判断にも流派があるので占い師によっても見方や占い方は違ってきます。

 

新しい字体で画数を割り出すこともあれば、旧字の自体から画数を割り出すこともあるので診断結果や内容は違ってくるんですね💡

ここでは、基本的な画数の見方についてご紹介します。

 

5つの格数

 

天格(祖運)

人格(主運)

地格(初運)

外格(助運)

総格(総運)

 

天格

例)山田花子さんなら「山+田」

苗字の総画数で、祖先から代々受け継いだものなので家柄を表します。

祖先運とも呼ばれ、年をとればとるほど影響するものと考えられます。

 

ただ、苗字であれば結婚することで変わることがあります。

なので、結婚前後ではまた違った運勢になることも。

 

人格

例)山田花子さんなら「田+花」

苗字の最後と名前の最初の字の画数を足したものです。

主運とも呼ばれ、その人自身の内面的な部分を表します。

 

成人以降、60歳くらいまでの運勢を表していることが多く仕事や結婚・家庭運も含みます。

吉数の場合、ポジティブに人生を進んでいくのに対し、凶数の場合ネガティブに人生をとらえることが多いです。

 

地格

例)山田花子さんなら「花+子」

名前の画数を足した合計のこと。

その人自身の性格を表し、子供の頃の運勢を意味し、才能や適職、金運などと深いかかわりがあります。

 

吉数だと、他人から好印象を持たれることが多く交友関係が広く社交的に、凶数だとあまり人から良い印象を持たれず交友関係も狭く浅くなりがち。

 

外格

例)山田花子さんなら「(山+田+花+子)-(田+花)」

総格から人格の画数を引いて出たもの。

人間関係を表すので、職場や家庭内での運勢を意味します。

 

吉数であれば、周囲の人に恵まれ良い友人や先輩、後輩に囲まれることになりますが凶数であれば恵まれた人間関係とはならず成長する機会を逃してしまうことも。

 

総格

例)山田花子さんなら「山+田+花+子」

名前と苗字を合わせた合計。

成長すれば影響力が増し、特に60歳以降の運勢に影響すると言われています。

*****

基本的には、奇数が吉数偶数が凶数です。

ただ、名前に凶数がある=悪いというわけではなく吉数と凶数のバランスが大事だと考えられています💡

 

一般的な吉数

1、3、5、6、7、8

11、13、15、16、17、18

21、23、24、25、29

31、32、33、35、37、38、39

41、45、47、48

52、57、58

61、63、65、67、68

73、75、81

 

一般的な凶数

2、4、9

10、12、14、19

20、22、26、28

34、36

44、46

50、54、56、59

60、62、64、66、69

70、72、74、76、79、80

 

診断結果が悪かったらどうする?

 

子供に名前を付ける時に、姓名判断を考えて名前を決める人も居ますがそうではない人も当然居ますよね。

 

色々考えて最適な名前を付けたつもりでも、姓名判断をしてみると

「占い的にはあまりよくない結果だった…」

ということもあります💦

 

占いサイトで調べればわかることですが、内容的には当たってると感じることがあってもそのサイトによって診断結果はけっこう違います。

 

あるサイトで調べてみたら、

「診断結果がイマイチだな…」

と思って、それとはまた別のサイトで調べてみると、意外と良かったなんてことも。

 

占い師によっても見方は違うので、結果よりも内容を重視するほうが良いと思います💡もし、あまりにも内容が悪くて実際に不運に見舞われることが多い…

という場合は、改名するのも一つの手段だと思います。

 

診断結果は良くなかったけど、特に不幸な人生でもないという場合は今後に生かせそうな部分だけ心に留めておいて役立てていくのが良いかと✨

 

もし、改名する場合やこれから生まれてくる子供に少しでも良い名前を付けてあげたいという場合は姓名判断も利用してみてこれから良い運気になるように工夫していきたいですね!

当たる電話占いNo.1☆
お悩み解決ピュアリ!





スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す