適応障害の休職中の過ごし方とは?期間の目安と復帰のタイミング

 

 image

適応障害とは、新生活や人間関係などがきっかけで新しい環境に順応出来ない時に発症する心のトラブルのことです。

 

ストレスの原因となるものと接触してから、一般的に大体3カ月以内に発症するケースが多いと言われています。

 

それが職場で起きた場合は、一体どう対処していくべきなんでしょうか。

 

今回は、適応障害の休職中の過ごし方、目安の期間と復帰のタイミング、仕事に行きたくない時の対処法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

適応障害の休職期間の平均はどのくらい?

 

image

 

適応障害は、ストレスの原因となっているものから切り離した生活を始めた日から半年以内には症状が改善されると言われています。

 

平均が半年前後なので、それより短く数ヶ月程度で済む人も居れば逆に一年くらいかかる人も居るなど様々です。

 

どのくらいの休職期間がもらえるのかは、その会社の規則や仕事の状況によっても違ってきますが、大体2ヶ月から3ヶ月は休職期間を設けるのが一般的です。

 

1ヶ月くらいだと時間はあっという間に過ぎていくので、休職に慣れてきた状態で症状が完全に良くならないこともあります。

 

休職期間が短い場合は続けて2度会社に申請をするなどして、数ヶ月は休職する人が多いようです。

 

休職期間中ですが、どうやって過ごすのが一番よいのでしょうか。

 

次のページでは、休職期間中の過ごし方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す