久しぶりに見た、胸が引き裂かれるような思いをした夢の話

先日、久しぶりにもの凄い悲しい夢を見ました…

その夢があまりにも悲しすぎて、朝から胸が張り裂けそうな思いになりました(;_;)

 

こういう夢を見るのは一体何年振りなんだろう?

最近濃い夢を見ることが少なかったので余計にそう感じました。

 

多分、実際に涙を流して泣いた時以来の夢だと思います…

関連:夢の中で泣いてると思ったら…目覚めても泣いてた!今は浄化が必要な時

 

今回は、そんな悲しい夢を見た時のお話になります。

スポンサーリンク

夢の中では8歳くらいだった私

 

夢の中で私は8歳くらいで、両親と3人で旅行をしていました。

美味しいご飯を食べ、初めて見る景色にウキウキして楽しく過ごしていたのです。

 

もちろん、その楽しさは旅の最後まで続くと思っていたのですが…

 

その旅行は何日も続く長期の旅行だったのですが、何日目かで私は両親とはぐれてしまいました。

 

人混みの中で手が離れ、押し寄せる人に揉まれ気づいたらもう両親の姿は見えず…たった一人心細い中フラフラとさまよい続けることになります。

 

最終的にたどり着いたのが、工場のようなところ。

夜も更けて歩き疲れた私はヘトヘトで、そのままそこからの記憶がありません。

 

気付けば、工場の中のようなところに沢山の子供たちが居ました。

年齢は皆私と同じくらいかそれよりも少し上の子供たち。

 

6,7歳くらいから12、13歳くらいの子供たちばかりでした。

そこで皆、物を組み立てたり皆それぞれの仕事があって働いていました。

 

工場の奥の方には、その工場で一番偉い人、所長が居て色黒で小太りなおじさんでした。

 

その所長は皆に仕事を割り振りし、皆それに従って必死に作業を進めている…

 

でも、ここに大人は所長以外誰も居ない。子供たちだけで働いているなんておかしい。

 

しかも工場と思えるところはとても狭く、隣の作業机が自分の作業机に乗っかるくらいの狭さ。なんでこんな狭いところに居るんだろう…

 

それでも、自分と似たような年の女の子の友達が居ておしゃべりをしてそれなりに楽しく過ごしていました。

 

ある時、ふとした時に急にふっと過去の記憶が蘇りました。

そういえば、私は旅行をしていたはず…しかも両親と!!

 

両親と楽しく過ごしていた思い出、笑って過ごした記憶が一気に蘇りその場から出たくなり両親に会いたくなりました。

 

私が居た作業机の後ろには、大きな引き戸のドアがありました。

でも、誰もそこに何もないかのように見向きもしません。

 

私も、存在自体は知っているけれどそれに触れちゃいけないような気がして気になりながらも今までずっとそのままにしてきました。

 

ある時、所長の隙を狙って意を決して思い切りそのドアを開けました。

その瞬間、ボタボタと下に落ちるように私と他の子どもたちは落ちました。

 

落ちた下は草原。

私たちは長い間大きなワゴン車の中で生活させられていたのです。

 

草原の上で後ろを振り返らずとにかくただ前を見て走ります。

 

でもすぐに転んでしまいます…長い間狭い密室に閉じ込められ十分な食事も与えられなかったので栄養状態が良くなかったのです。

 

走ろうとしてはすぐに転び、また走っては転び…それでも遠くまで頑張って走り続けました。

 

会いたかったけれど、両親のところまで会いに行けなかった…

最後に力尽きて、草原の上で魂だけが抜けて宙に浮かびました。

 

そういえば、周りのみんなは無事に逃げることが出来たのかな?

そう思って、ふと空を見上げると皆の魂も抜けて空高く上っていくのが見えました。

 

そうか…皆ももう力尽きたんだね…

 

そう思いながら、私の魂も空高く上っていき気づいたら高層ビルの隙間にふっと入りました。

 

目の前の高層ビルには大きな窓があり、その窓をのぞき込むと煙のような白いモクモクとした自分の姿が映りました。

 

その奥に目をやると、両親の姿が…

泣きながらこちらを見ています。

 

迷子になってしまってごめん、という気持ちと、無事に元気な姿で戻れなかった悔しさが残りました。

 

私はその両親の姿を目に焼き付けながら、悲しい気持ちだけを抱えて空高く上っていきました…

 

朝、胸が締め付けられるような思いで目が覚めました。

 

朝が夜だったら良かったのに…

 

正直、この夢を見た朝はその日一日を元気に過ごせる自信が全くありませんでした。

 

朝目覚めた瞬間から既にもの凄い悲しいことを経験したような気持になって…その日一日を明るく過ごすなんて想像できなかったからです。

 

目が覚めたのが朝じゃなくて夜だったら良かったのに…

 

夜だったら、少しの時間だけ起きていればまたすぐ眠って今度は新しい朝を迎えることが出来たのに…なんて思ってしまいました。

 

こういう悲しい夢を見た後は、気持ちを切り替えるのが非常に難しいです。

 

怖い夢や怒りが爆発した夢なんかは、朝起きた瞬間はイヤですが後は時間が解決してくれます。

 

でも、悲しい夢は気持ちが離れないというか…忘れようにもなかなか忘れられないんです。心に刻まれているというか…

 

シャワーに入ってスッキリ流す

 

唯一出来る対処法が、シャワーを浴びてスッキリ流すことです。

熱いシャワーを浴びるだけでも、かなりリフレッシュできます。

 

熱いシャワーを浴びた後は、時間が経つにつれて熱さも落ち着いてクールダウン出来ます。

 

そうしているうちに、いつの間にか気持ちが落ち着いているはず。

 

あとは、出来るだけ思い出さないようにして一日を過ごせば悲しい気持ちだけで過ごさなくて良くなりますよ。

 

悲しすぎる夢を見た朝は、ぜひ試してみてくださいね。

私もシャワーのおかげでなんとかその日は丸一日ブルーにならずに済みました🌸

 

まとめ

 

なんでこんな夢を見たんだろう…

不思議でしょうがなかったのですが、よくよく考えたら思い出したんです。前日に見たもののことを(><)

 

実は、この夢を見た前日にテレビでホロコーストの映像が流れていたのです。

 

たまたまチャンネルを回した時に見ただけなので、多分ものの数分とかしか見ていないと思うのですが…

 

解放された時に自由の身になったはずなのに、心の傷からその場を離れられなかった人たちが多く居て…

 

栄養状態が悪かったために、急に食べ物を与えたことで多くの人が亡くなったというのを見て悲しくなったのを覚えています。

 

その時抱いた強い感情や見たものの記憶が夢に出てきたのかな…と思いました。

 

それにしても悲しすぎて、出来ることならこの手の夢はもう見たくありません💦

 

もし見ることがあれば、朝からシャワーを浴びることで少しでもリフレッシュして良い一日を過ごせますように…✨





スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す