タウリンが多い食品は魚介類?効果と副作用・摂るべきタイミング

medical-1572970_1920

 

栄養ドリンクでお馴染みの「タウリン」とは、アミノ酸に分けられる物質で胆のうや筋肉に多く存在するものになります。

 

脂質の消化と吸収を促進して、目の網膜の機能を助けるなどといった体の中でも重要な働きをしています。

 

タウリンは体内でも生成できるものなのですが、体の機能をしっかり維持して行くには食事からの摂取が大事になります。

 

サプリメントで補給するのも良いですが、基本は食事から取り入れられるようにすると良いですね。

 

そこで今回は、タウリンの主な作用と副作用、いつどうやって摂るべきかなどについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

タウリンが持つ作用とは?

 

girl-1130386_1920

 

タウリンは体の中でも重要な役割をする物質であるため、様々な病気の予防に役立つ物質であると考えられています。

 

しっかりと摂取することで、病気になりにくい健康的な体を維持することが出来るようになるはずです。

 

一般的に、代表的なものだと以下のような働きがあると言われています。

 

〇主な働き

・血流が増加することでうっ血性の心不全の予防

・食塩の摂り過ぎで起きる高血圧の予防

・インスリンの分泌が良くなることで糖尿病予防

・悪玉コレステロールの排せつを促して善玉コレステロールを増やすことで腸内環境の改善

・気管支喘息の緩和

・目の機能の改善や老化防止

・むくみ予防

 

また、タウリンと言えば肝臓というイメージがある人も多いほど肝機能の向上にも役立つものです。

 

主に代謝を良くし、胆汁の生成を促し解毒も助ける働きをしています。

 

そのため、飲み会の前後などによくドリンクとしてタウリンを多く含んだものが飲まれることが多いんですね。

 

肝臓は、二日よいの元になる「アセトアルデヒド」を酵素を使って分解することでアルコールを体に害のないものへと変えます。

 

この時、タウリンが十分にあれば酵素の働きをサポートするので更に代謝が良くなり二日よいを抑えて体調が悪くならないように維持することが出来ます。

 

タウリンは食事から取ることが出来るものですが、手軽に健康食品から摂ることも出来ます。

 

健康食品の場合は、手軽に摂れることから摂り過ぎてしまいそれによって副作用が起こることもあるので気を付けたいですね。

 

次のページでは、摂り過ぎによって起こる副作用についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す