七夕の由来と飾りの意味とは?伝説の発祥は日本にもある?

 

 delicate-arch-896885_1280

七夕とは、毎年7月7日に織姫と彦星が天の川を渡って一年に一度だけでの再会を祝う行事のことで古くから夏のイベントの一つとして親しまれていますね。

 

この日までには飾りをつけて、短冊には自分のお願い事を何か一つ書くという風習があります。

 

七夕の期間はお祭りが行われることも多く、様々な飾りや電飾、大きなくす玉が見れたりと全国的にも大事な年間行事の一つとなっています。

 

今回はそんな七夕の由来と飾りの意味、伝説の発祥などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

七夕の由来とは?

star-1213455_1920

七夕は、もともは中国の行事の一つだったものが奈良時代になってから日本に伝わったものと言われています。

 

しかし、実際は日本独自の伝説もあり中国の伝説とはまた内容が少し違ってきます。

 

もともと中国の行事だったものと、日本でも古くからもともとあった伝説が合わさりごっちゃになった状態で現在の物語として認識されていることが多いのだそう。

 

伝説のストーリーですが、昔、天の川の傍には神様が住んでいて織姫という一人娘が機織りをして神様たちが着る着物を作っていました。

 

夫の彦星は牛追いの仕事を一生懸命していたので、その仕事ぶりは高く評価されていたようです。

 

織姫が年頃の年齢になると、神様たちは彦星を引き合わせることにしそうして出会った二人はすぐにお互いの魅力に引かれ合いめでたく結婚することになります。

 

それまでの生活は、二人とも仕事に励み神様からも高く評価されていたものの結婚後は二人の生活が楽しくなり仕事が疎かになってしまいました。

 

そのことに神様が遂に怒り、二人の間を天の川で隔てさせて年に一度の七夕の日だけ二人を会わせてあげたという話です。

 

七夕に雨が降ると二人が無事に再会できて喜びのうれし涙を流している、と言われることがありますが沢山雨が降ると橋が渡れなくなるので見かねたカササギが橋の代わりになり二人を再会させてあげるとも言われています。

 

中国では、7月7日になると夜には女性たちが7本の針に綺麗な糸を通してそれをお供え物にし裁縫の上達を願っていたと言われています。

 

また、昔は女性は結婚をして子供を育てていくことが大きな役割だったので、7月7日には織姫のように手先が器用で良縁に恵まれるようにと祈るようになっていったそうです。

 

しかし、実はこの話以外にも日本に昔から伝わる伝説があると言われています。

 

次のページでは、日本発祥の伝説の内容についてご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す