宅配買取はどこが良い?3社の業者を比較。服はブランド以外でも売れる?

 

物が増えれば部屋のスペースも狭くなってしまうので、不要なものは定期的に処分する人も多いと思います。

 

ですが、似た様なものを買ってしまったりずっとクローゼットの中に置いてあるだけなのにそのうち着るかもと思って捨てられない服がいくつもあるという人は多いのではないでしょうか。

 

服は体型が変わったり、年齢を重ねるにつれてサイズやテイストも変わりやすく家の中でどんどん増えやすいアイテムなんですよね。

 

しかし、せっかく買った服もただそのまま捨ててしまうのはもったいないので少しでもそれをお金に換えられたら良いですよね。

 

そこで、今回は宅配買取がどこが良いのか実際に使ってみて良かったところをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

実際に使ってみた宅配買取業者3社

 

なぜ宅配買取を利用しようと思ったのかというと、単純になんとなく家の中で物が多いなと感じるようになったからです。

 

個人的に何が多いのかと考えたら、服と貴金属のアクセサリーだったんですよね。

 

服は自分で買ったものがほとんどで後はもらったものもあったのですが、貴金属のアクセサリーはもらいものがほとんどで後は自分で買ったものが少しあるような感じでした。

 

で、よくよく考えてみたらそれらのほとんどがここ数年使われていないものばかりでこれからも使う予定はあるのか?と考えたらないに等しいと考えたので処分することにしたのです。

 

買取方法は主に3つあり、店頭での買取と出張買取、宅配買取がありますが一番便利な宅配買取にしてみました。

 

宅配買取は業者によっては、最初は業者の方に集荷依頼をしてもらう必要がある場合もありますが基本的には好きな時に家にある箱を使って詰めて好きな時に送ることが出来ます。

 

色々と口コミを見たり、調べながらブランディア、リファウンデーション、なんぼや、エコリング、大黒屋、ツーハンズなどを使ってみました。

 

その中でも、ブランディア、リファウンデーション、そしてツーハンズが良かったのでそれから定期的にこの3社はずっと使っています。

 

買取業者は色々とありますが、その業者によって強いジャンル、高価買取を行っているブランドなどは違います。

 

なので、毎回売るものが違う場合はその都度複数の業者を比較して使うことをおすすめします。

 

私の場合、ブランディアはブランド服、リファウンデーションは貴金属、ツーハンズはブランドでない服もお金になるという結果になりました。

 

ブランディアで売ったもの

・マークジェイコブスのジャケット
・プリマクラッセ(バッグ)
・ランセル(ウォレット)
・ティファニーのリングとネックレス
・ディオールのシャツ
・K18のノーブランドネックレス
・androidの腕時計
計7点で¥43678

マークジェイコブスのものは、5万円くらいのもので何年も使って相当着古したもので汚れなども少しあったのですがリファウンデーションでは1500円くらいの値段でした。

 

ブランディアでは3000円ほどと2倍の値段だったのでブランディアに買い取ってもらいました。

 

プリマクラッセやランセル、ディオールはリファウンデーションでは値段がつかずandroidの腕時計は15000円ほどで購入したものが500円ほどだったのですが、ブランディアでは1200円でした。

 

あとはK18のノーブランドのネックレスが重さがあったので良い値が付き、トータルはなかなか満足いく金額になりました。

 

私の場合、かなり使い込んでいるものや保存状態が悪いものばかりだったのでもっと購入してからすぐに手放す場合は高い値が付く可能性が高いです。

 

購入してから3年以内に売ると高い値で売れることが多いそうで、それを過ぎると一気に価格が下がってしまうようです。

 

リファウンデーションで売ったもの

・K18のノーブランドネックレス2点
・ahkahの指輪
・ノーブランドのシルバーアクセサリー(15点ほど)
・ジルサンダー(バッグ)
・tsumori chisatoのブラウス2点
計21点で¥147401

tsumori chisatoのブラウスですが、ブランディアでは2点で100円だったのですがリファウンデーションでは500円でした。

 

ジルサンダーのバッグは、ブランディアでは金額が付かなかったのですがリファウンデーションでは3000円でした。

 

K18のノーブランドのネックレス、シルバーアクセサリーは重さがあったので良い値段がつきました。

 

ahkahの指輪は、なんぼやや大黒屋にも無料査定に出してみたのですが1000円から1500円という査定金額でリファウンデーションでは1890円でした。

 

ブランディアは、金の買取価格が1g当たり3388円だったのですがリファウンデーションでは4418円くらいだったので重さがあればその分トータル的な金額が変わってきます。

 

その日によって買取金額は変わりますが、ブランディアよりもリファウンデーションのほうが貴金属の買取はかなり高額になると思います。

 

ツーハンズ

・ノーブランドの衣類65点
108点ほど送って買取になった計65点で¥2390

ツーハンズはノーブランドのものでも買い取ってくれる業者で、高価買取は出来ませんがブランド物しか扱っていない業者だとノーブランドのものはリサイクル扱いになるのでほとんどお金にはなりません。

 

グラム単位で売る場合も、100枚くらい売っても500円くらいにしかならないこともあります。

 

でも、ツーハンズであれば汚れやほつれなど目立つ欠点がなければ多くはそれなりの金額で買取してもらえます。

 

ただ処分するよりも、次に誰かに使ってもらうためにも業者を利用して少しでもお金にして処分したほうが良いのではないでしょうか。

 

ブランディアもリファウンデーションも、荷物が到着してから二日から三日くらいで査定結果の連絡をくれてそれに納得すればすぐに振り込みをしてくれました。

 

なので、荷物を送ってから振り込み完了になるまで4日以内とかなりスピーディーに対応してもらえます。

 

ツーハンズの場合は、荷物を送ってから振込まで一か月くらいと長めになります。

 

数社比較する時は、まずは無料査定を利用して大体どのぐらいの金額で買い取ってもらえるのかを提示してもらうようにすると良いですね。

 

次のページでは、無料査定を使って業者を選ぶ方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す