扇風機をつけっぱなしで寝るとだるい理由と使う際の注意点

暑い夏の時期はエアコン同様、扇風機は欠かせないアイテムの一つ。

 

夜寝る時はそこまで涼しくなくて良いからエアコンはつけなくても良いけど、扇風機は必要というケースは多いと思います。

 

気温が高い時でも、そうでない時でも気軽に使える扇風機はどの家庭にも一台はあると思いますがついつい夜に付けっぱなしで寝てしまうということもあるでしょう。

 

扇風機を付けたまま寝ると良く朝起きた時に、疲れていたり体がだるいと感じることが多いです。

 

また、場合によっては命の危険もあると言われたりしますが本当のところはどうなんでしょうか。

 

今回は、扇風機をつけっぱなしで寝るとだるい理由や扇風機を使う際の注意点などについてご紹介します。

スポンサーリンク

扇風機をつけっぱなしで寝るとだるい理由

 

熱帯夜が続く日、寝苦しい夜はベッドに横になっても暑くてなかなか寝付けなかったり一瞬眠ってもすぐに起きてしまう人も居るでしょう。

 

少しでも涼しく過ごしてぐっすり眠りたいと思うものです。

 

そんな時、扇風機をつけて涼むのが一番手軽で良いと思いますが涼しくなったらそのうち消そうと思ってそのまま眠ってしまうこともありますよね。

 

途中で気付いて起きて消すということも出来ますが、疲れていると朝までそのまま…なんてことも。

 

そんな感じで何時間も続けて扇風機を使っていると朝起きるとなんだか疲れが取れていないような体の調子が悪いような気がします。

 

それはいわゆる寝冷えという状態で、寝ている間に体が冷えてしまった状態。

 

血流が悪くなるので実際に風が当たっている部分も触ると冷たく感じますが、体の内部、特に消化器官が影響を受けやすく腹痛や下痢を引き起こすことに。

 

体温を調節する機能が低下するから、自律神経が乱れるからだるく感じるとも言われています。

 

ただでさえ暑くて疲れやすい夏なのに、涼むことで体がだるくなってしまったらイヤですよね。

 

なので、寝冷えを防ぐにはタイマー式のものを使い手動で消さなくても自動で消えるものを使うか直接肌に風が当たらないような衣類の着方を工夫する必要がありそうです。

 

寝返りを打ってもめくれてお腹が出ないようなもの、腹部を中心に温められるような衣類などです。

 

寝冷えしてしまったら、温かいものを食べる、胃腸に優しく消化に良いものなどを食べたりお風呂に浸かるなどして冷え切った体を温めることが大事。

 

冷え症改善にも良い体を温める飲み物、食べ物などについては次の記事が参考になるかもしれません。

関連:冷え症の改善に必要な飲み物は発酵したもの?必要な食べ物・運動は?

 

日頃から体を温める習慣があると、寝冷えもしにくいようです。

 

扇風機を付けっぱなしにすると低体温症になって最悪の場合命の危険もあるなんて言われますが、夏に限って言えばその可能性はほとんどないと言われています。

 

次のページでは、夏に使う分には付けっぱなしでも命の危険はない理由についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す