バレンタインのチョコの種類には何がある?贈る意味に込められた思いは?

valentines-day-624440_1920

毎年2月14日にやってくるバレンタインデー。

 

海外では、男性が女性にチョコをプレゼントする日、一緒に食事を取るなどといった日になりますが、日本では女性から男性にチョコをプレゼントする日ですね。

 

カップルや片思いの人も、この日の為にチョコやチョコ関連のお菓子を張り切って用意する人が多いと思います。

 

チョコにも色々な種類がありますが、贈るものによって意味は違うのでしょうか?

 

今回は、バレンタインのチョコの種類と贈る意味とお返しの意味などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バレンタインに贈るチョコの種類

 

バレンタインと言えば、メインがチョコになりますがチョコと一口に言っても色々な種類があります。

 

毎年手作りするという人は、毎回違ったものを作ることが出来るという楽しさもあるので贈る側ももらう側も楽しめるイベントですね。

 

チョコそのものというものもあれば、チョコを使って焼き菓子にしたもの、ケーキなど色々とありますがその中でも人気なものは以下の通りです。

 

チョコ・・・生チョコ、トリュフ、カップチョコ、チョコクランチ
チョコ系焼き菓子・・・ブラウニー、クッキー、マカロン、スコーン
チョコ系ケーキ・・・チョコケーキ、カップケーキ、ガトーショコラ、フォンダンショコラ、タルト

 

その他にも、ティラミスやチョコレートチーズケーキ、チョコドーナツ、チョコパイなどチョコを使ったスイーツは無限に出来ますね。

 

ただのチョコにマンネリを感じる時は他の焼き菓子もおすすめです。チョコ好きな人は多いですが、チョコが苦手な人、甘いもの自体好みでない人も居ますよね。

 

チョコは、基本的に甘いものが多いですがカカオの分量でビターテイストにも出来ますしチョコが苦手であれば焼き菓子など他のスイーツが作れるのでスイーツとしては選びやすいかもしれません。

 

冷蔵庫要らずの温度管理が必要ないもの、焼き菓子、形が崩れにくいものは失敗しにくいですし持ち運びも便利で何より食べやすさがありますからね。

 

ちなみに、チョコ以外のスイーツの種類と意味に関しては以下の記事でご紹介しているので参考になるかもしれません。

参考:ホワイトデーのお返しの意味とは?本命と義理は?

 

次のページでは、チョコを贈る意味とお返しの意味についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す