「スピリチュアル」よく話しかけられる人の特徴と話しかけられない人の違い

話しかけられる人そうでない人の違い

 

話しかけれやすい人も居ればそうでない人も居るのですが、やはりどちらかと言えば男性よりも女性のほうが話しかけられやすい気はします。

 

男性で話しかけられやすい人は、雰囲気が柔らかい人が多いように思います。

 

雰囲気が柔らかいな~と思える人だと、話すと実際に受け答えも丁寧な人が多いと思いますし何より親しみやすさが話しやすさにつながっているのかもしれませんね。

 

見た目がいかにも怖そうな感じの人や不機嫌そうな感じの人には、あまり声をかけようとは思えないはずですからね。

 

あとは、どうやら体質的なものが関係していると言われますがよく言われているのが次のようなもの。

 

もともと強運体質

霊感がある

オーラがある

遺伝的なもの

教育関係者

 

もともと強運体質というのは、例えば何かトラブルが起こっても大事には至らない、未然に危険を回避できる人です。

 

例えば、自分が乗る予定だったバスが事故にあったけれど、たまたまその日は珍しく遅刻して乗り遅れていたので無事だったとか。

 

現金もカードも身分証明証も全て入っている大事な財布をどこかに落としたけれど、誰かが届けてくれて中身も無事だったとか。

 

あとは、絶対無理だと言われていた試験に合格した、事業が成功したとか。

 

まるで目に見えない何かに守られているような、支えられているような強運体質の人が多いようです。

 

霊感がある人は、普通は目に見えないものが見える、ということもありますがそれ以外にも感じ取るのが得意な人が多いようですね。

 

直感が鋭いので、言わなくても相手が言おうとしていることが分かったりなんとなく勘でこういったことが起こるのでは?と予測できることも。

スポンサーリンク

必ずしも本人に霊感があるわけではなく自分の親や兄弟、祖父母などに霊感がある人が居ると体質的に人を引き寄せやすいようです。

 

オーラがある人というのは、自分では気づかないかもしれませんが目立ちやすい人です。

 

雰囲気が明るくておおらか、落ち着きがありますがエネルギーに満ちている人なんだそう。

 

そういった点で目立っているために色々な人を引き寄せているのかもしれません。

 

遺伝的なものというのは、家族や親せきなどで自分と同じように人に話しかけられやすい人が居る可能性が高いということです。

 

親や兄弟にそういった人がいなくても、叔父さんや叔母さんでそういった人が居るかもしれません。

 

ちなみに私の場合は、母が霊感があって父はそういうのは全くと言っていいほどないんですが知らない人によく話しかけられるのは父なんですよね。

 

父の場合は、道を聞かれたり写真をお願いされたりということが多いみたいなんですが。

 

あとは、これは人によるのかもしれませんがよく話しかけられる人は教育関係者に多いようです。

 

これもまた本人がというよりは、親や兄弟にそういった職に就いている人が多いよう。

 

私は違うんですが兄が先生なのでこれも個人的に当たっていましたね。

 

ただ単に道を聞かれたり雑談をしたり…ということであれば別に何も心配いらないんですが変な人が寄ってきやすい、たまに怖いと感じる時があるという人はそういったことを回避することも覚えておきましょう。

 

次のページでは、魔除けに良いグッズについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す