卒園式の足元のマナーとは?ストッキングの色や柄は?靴はエナメル?

 

卒園式が近づくと主役である子供の準備に集中してしまいがちですが、母親自身の準備も大切になってきます。

 

メインに着るものが決まっていれば安心ですが、それでも小物など細かい調整をすると様々な疑問が浮かんでくることもあると思います。

 

特に足元のマナー、ストッキングや靴などは意外と見落としがちな部分なので、どういったものを選べばマナーとして良いのでしょうか?

 

そこで今回は卒園式で気をつけたい足元のマナー、ストッキングの色や柄、ワンポイント、靴の選び方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

卒園式で着用のストッキングの色

 

卒園式に着用するストッキングは一体どんなものが良いのかどこまでがアリなのか、いざ用意するとなると迷うことも多いと思います。

 

なぜならストッキングと言っても色の濃淡もありますし、着用の仕方次第で目立たなかったり逆に目立ったりするからです。

 

代表的な色は主にベージュと黒に分けられますが、薄い黒であれば肌の色がより見えるのでベージュっぽく見えなくもないですしグレーゾーンだったりするわけです。

 

卒園式は卒業式と違って少し砕けたようなスタイルの印象もありますが、基本的には卒業式同様メインの服装が黒や紺など暗めの色なのでストッキングは少し明るい印象にするためにもベージュにします。

 

あまり全身真っ黒過ぎるとネガティブなイメージが連想されてしまいますし、逆に服装のバランス的にどうしても黒を、という場合は薄手の黒にするのが一般的ですね。

 

肌が完全に見えないような真っ黒の濃い色は、卒園式ではあまり一般的ではないようですね。

 

ただ、黒っぽいほうが脚も引き締まってほっそり見えることがあるのですらっとした足元にしたい場合は薄い黒を選ぶと良いかもしれません。

 

タイツは基本的にNGですが、寒冷地であれば厚手のタイツもアリなのでそこはTPOに合わせての選択が必要です。

 

次のページでは、柄が入っているものやワンポイントのものはどうなのかについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す