京都でよく起こる底冷えの原因と対策とは?あると便利なグッズは?

寒さから守るための対策

 

底冷えしやすい家にも、いくつかの特徴と共通点があります。

 

一階のしかも角部屋に多くあまり日の光が部屋の中に入らないので部屋の温度が上がらず、また熱が逃げやすい構造となっていることが多いです。

 

そして床がフローリングの家では掃除のしやすさや湿気の溜まりにくさなどメリットもあるものの、底冷えが酷かったりします。

 

自分で出来る底冷えの対策は、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

スポンサーリンク

 ・上に流れやすい暖かい空気を下にも来るように上手く循環させる

・ icon-check-square-o断熱材になるものを使って熱が逃げるのを防ぐ

・ icon-check-square-o外気が入ってこないように隙間を埋める

 

部屋で出来る寒さ対策と節約して使えるグッズの記事でも紹介していますが、窓辺はプチプチ、床はカーペットタイルやコルクマットなどを敷くだけでも大分防寒効果はあるようです。

 

熱が逃げないようにして、外気が入ってこないようにすれば底冷えも緩和させることが出来るはずなので出来る対策から取り入れたいですね。

 

次のページでは、あると便利な意外なグッズについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す