シャインマスカットの旬の時期は夏?皮ごと頂く食べ方と新鮮なものの見分け方

vineyards-1590014_1280

 

マスカットはブドウの一種であり、様々な種類がありますがシャインマスカットもその中の一つです。

 

「白南」と「安芸津21号」という品種を掛け合わせて出来た品種で、2006年に登録されたばかりの比較的新しい品種となっています。

 

甘さが強く、香りも良いのでマスカットの中でも特に人気の品種の一つとなっていますね。

 

美味しいのも大事ですが、実は栄養も豊富だと言われ美肌にも良いと考えられています。

 

今回は、そんなシャインマスカットの旬の時期やベストな食べ方、含まれる栄養などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シャインマスカットがおいしい旬の時期はいつ頃?

 

grapes-1599052_1920

 

シャインマスカットは、毎年大体8月半ばころには成熟するタイプの「早生種」となります。

 

一般的な時期よりも早く収穫できるのが早生種なので、普通の収穫時期に当たる中生種、やや遅く収穫される晩生種などが他にありますね。

 

ハウス栽培のものは市場に出るのが早いので、大体毎年6月終わりごろになるともう出回るようになり7月半ばころまでがピークとなっています。

 

ハウス栽培でない露地のものに関しては、8月半ばごろから10月頭頃までがピークとなっています。

 

シャインマスカットは、一粒口に入れるとホロホロと身が崩れるタイプで酸味が少なく渋みもほとんどなく甘みは強いという特徴があります。

 

濃厚な甘さがあるマスカットが好きな人、フルーツはとにかく甘いほうが好きという人に向いています。

 

香りも強く、文句なしのクオリティですがその割に安く一房1500円前後程度で手に入れることが出来るのでその点も高い人気の理由のようです。

 

次のページでは、日本での主な産地とベストな食べ方などについてご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す