接骨院と整骨院とは?保険診療の違いは?

 

cosmetology-1319684_1920

 

手足や膝などの関節が痛い時や、肩こりや腰痛など関節や骨、その周辺の不具合などで不調が出る時に受診する接骨院。

 

「ほねつぎ」とも呼ばれ、子供から大人まで幅広い年代の人から親しまれている診療所の一つとなっています。

 

持病が悪化して症状が出ている人、運動不足や過労などで症状が出る人様々居ると思いますが病院に通っていても通っていなくてもどんな人でも通いやすい良さがあります。

 

ですが、接骨院の他にも似たようなイメージである「整骨院」もありますがその違いは一体何なんでしょうか。

 

そこで今回は、そんな接骨院と整骨院、保険診療の違いや通うべき頻度の目安などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

接骨院と整骨院との違いとは?

 

osteopathy-1207800_1920

 

体に何か異常がある時は病院で診てもらい治療するのが一般的ですが、特に病気などでない場合でも不調がある時に医療機関以外の診療所を受診することもあります。

 

特に関節や骨の周辺に関係する不調の場合は、接骨院で治療を受けるという人は多いです。

 

接骨院と整骨院は、一体何が違うのかというと結論からいって名前が違うだけで実質的には同じような役割をしています。

 

接骨院も整骨院も、どちらも「柔道整復師」という資格が必要になり主に外傷を対象とした治療を行います。

 

外傷というのは例えばですが脱臼した場合や捻挫、打撲などがあり筋肉がどれくらいダメージを受けているかによってレベルが分けられそれらの症状に合わせながら治療が行われます。

 

軽度のもの・・・筋肉の軽い損傷で肩こりや腰痛、寝違えなど。

中度のもの・・・部分的な筋肉の断裂で肉離れ、脱臼、捻挫、打撲など。

重度のもの・・・完全に筋肉が断裂した状態で骨折など。

 

整復で歪みを改善したり、固定したり症状を良くするためのリハビリなども行われたりしますね。

 

診療内容も、役割的にも同じような接骨院と整骨院ですが保険診療の違いはどうなんでしょうか。

 

次のページでは、保険診療による違いについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す