スコップとシャベルの東西の違いって何?語源はどこから来ている?

construction-681552_1280

土砂や砂利、雪などパウダー状のものを移動させるために主に使われる道具であるスコップ。

 

似た様な言葉で、シャベルというものがありますがどちらも知っていてもその地域で使い方は異なるようです。

 

スコップとシャベルは関東と関西でも違いがあるので、方言の違いから来ているという説もあります。

 

スコップとシャベルの違い、地域で呼び名や使い方が違う理由と語源などについてご紹介します。

スポンサーリンク

スコップとシャベルの違いはJIS規格

 

スコップとシャベルは聞いたことがあって大体どんなものか知っていても、その違いがはっきりとわかる人は少ないようです。

 

普段何気なく使っている名称だったりするので、あまり深く考えずに大体こんな感じのもの、こんな用途で使うものとアバウトに認識している人も多いのではないでしょうか。

 

スコップとシャベルは、明確に違いがあるのですがそれはJIS規格によるものです。

 

JIS規格というのは、日本工業規格の英名を略したもので法律に基づいたうえで定められている工業標準になります。

 

JIS規格では、シャベルというのは平たい形状のもので足をかけて踏める部分がある道具のことを言うそうです。

 

足をかけて踏めるというのは、例えば思い砂利をすくう時や氷になった硬い雪を崩して持ち上げるためなどにかかとなどで角を押すようなことです。

 

そしてスコップはというと、形状が曲線になっていて足をかけるスペースがないような道具のことを言います。

 

実はこれがシャベルとスコップの明確な違いなのですがこの違いは一般的に知られていません。

 

それよりも、地域での名称の使い方の違いのほうが広く浸透してしまっている状態のようです。

 

次のページでは、関東と関西で違う名称の使い方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す