皿うどんの食べ方とは?余った麺はどうアレンジして使うべき?

sara

長崎の名物料理と言えばカステラ、佐世保バーガーなど全国的にも有名で親しまれているものが色々とありますが、代表的な物がちゃんぽんと並ぶ「皿うどん」です。

 

パリパリとした特徴的な食感の揚げ麺に、野菜たっぷりの具材がぎっしりと乗った料理で一度食べたらやみつきになる味と言われます。

 

もともとそのままでも美味しいのですが、更に美味しく食べられる食べ方があったらなお良いですよね。

 

そこで、今回は皿うどんの食べ方と酢の使い方、余った麺の使い方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

皿うどんの美味しい食べ方とは?

pasta-844021_1280

皿うどんのカリカリに揚げた麺には、太麺のものと細麺のものがありますが最初はもともと太麺だったそうです。

 

太麺の皿うどんが普及されてからその後細麺の皿うどんが出回るようになり、今ではどちらも食べられています。

 

そんな皿うどんの美味しい食べ方ですが、食べる前にまず麺を細かくほぐしていくことです。

 

いたってごく普通の食べ方ですが、意外と食べる前にしっかりと麺がほぐせていなかったりするんですよね。

 

そのまま食べてしまいたいところなのですが、なんせ揚げた麺なので硬いですし餡とも絡みづらいものです。

 

口の中に刺さったりと、なかなか食べにくかったり食べてもあまり味がしない部分があったりするわけです。

 

部分的に味が付いていたり味が付いていなかったりとまばらな状態で食べるよりも、全体的に味がしっかり絡んでいる方が美味しいはずですからね。

 

なので最初に麺を細かくほぐしておいてから食べることで、より食べやすく更に美味しさが一層引き立つようになります。

 

また、関東地方ではお酢をかけて食べることが多い傾向にあります。

 

お酢をかけるかかけないかは味の好みにもよると思うので必須ではないですが、お酢をかけて食べる方法も一応ご紹介します。

 

次のページでは、お酢をかける食べ方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す