ローズヒップティーの効能と美味しい飲み方は?加熱してもビタミンの量は変わらない?

rose-hip-493784_1920

ローズヒップティーはバラの果実を使ってお茶にしたもののことで、一般的にハイビスカスと合わせたハーブティーとして飲まれています。

 

鮮やかな赤っぽい色味が特徴的なお茶で、粉末になったタイプと実を乾燥させたタイプがあり実を乾燥させたものはお湯を入れて潰しますがそのまま食べたりもします。

 

ローズヒップティーは女性の強い味方と言える様々な美容効果があると言われていますが、具体的には一体どんな効能があるのでしょうか。

 

今回は、ローズヒップティーの効能と美味しい飲み方、飲み過ぎの注意点などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ローズヒップティーの効能

flowers-857802_1920

ローズヒップティーは、バラの果実を使ったハーブティーの一種でビタミンCが豊富なお茶、飲む(もしくは食べる)日焼け止めなどの異名も持ちます。

 

ローズヒップティーには、アンチエイジングに欠かせないビタミンEや美白に良いビタミンC、鉄分やポリフェノールなど美白や美肌、健康な体づくりに大事な成分ばかり含まれているからです。

 

その為、肌の新陳代謝が上がり毛穴が小さくなったり黒ずみが目立たなくなると言われています。

 

私自身、もともとハーブティーが好きなのでカモミール、ルイボス、ジャスミンなど色々飲みますが、ローズヒップは一番良く飲んでいます。

 

個人的には、肌全体の透明度が増してくすみが気にならなくなったり肌が一段階明るくなるような気がします。

 

ホルモンバランスを整え、免疫力が上がることで風邪の予防改善にもなり体調が崩れにくくなるんだとか。

 

よくブレンドされるハイビスカスはビタミンCの他にクエン酸も豊富なのでむくみの解消や疲労回復になるなど相乗効果で更なる効能が期待できそうです。

 

ちなみに、ローズヒップティーはよく酸味が強め良いと言われたりしますが実際はあまり酸味も味もありません。

 

なんというか、特徴がなくそれだけでは飲みにくかったりします。

 

多くの場合は、ローズヒップにハイビスカスがブレンドされているので酸味が強めで飲みやすく色も濃いピンクのような色をしています。

 

ハイビスカス以外にも、色々とブレンドして飲みやすいのがローズヒップなので飲み方を考えて色々な組み合わせで飲むのも良いでしょう。

 

次のページでは、美味しい効果的な飲み方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す