理容院と美容院の違いってなに?カットの仕上がりが違うとかあるの?

hair-salon-529903_1280

理容院と美容院、どちらも全国に存在していますがその違いって一体何なんでしょうか。

 

どちらも、髪をカットしたり手入れをするところという認識は合っていると思います。

 

どちらかと言えば理容院は行くとすれば男性が行くところで、美容院は女性が行くようなところのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実はあまり知られていないのですが意外なところにちょっとした違いがあったんですね。

 

そこで今回は、理容院と美容院の違いについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

理容院と美容院の違いってなに?

 

理容院と美容院の違いは、なんとなく男性が行くところと女性が行くところというイメージがある人が多いと思います。

 

しかし、実際は理容院と美容院は男女の違いなのではなく法律によって業務内容の範囲が違うことになります。

 

髪の手入れを行う、という基本的な業務は同じなのですが細かい部分が違ってきます。

 

一般的に、理容院では髪の毛を刈り込んだりカットし、顔剃りや髭剃りなど髪型に合わせてバランスを見て全体的に見た目を整えます。

 

なので、男性が行くところというイメージが強いのかもしれません。

 

一方の美容院はというと、髪のセットやカラーリング、パーマ、髪型や雰囲気に合わせたメイクなどより見た目を美しく見せるのが業務内容です。

 

そのため、美容院では成人式や結婚式、七五三などイベントに合わせた髪形やメイク、着付けなども合わせて行ってくれるところが多いですね。

 

つまり、本来はカットと言えばそもそもは理容院で行うというのが一般的だったんです。

 

元々は理容院ではシャンプーは前かがみ、美容院では仰向けにするという点でも違いがあったのですが今では理容院でも仰向けでシャンプーをするところが多いのだとか。

 

なので、明確な違いはというと業務内容の細かい違いくらいになっています。

 

次のページでは、理容院で髪型を頼む時はこんな感じになるというのをご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す