リラックス効果があるものはどんなもの?飲み物や香りと色に分けてご紹介

アロマなどの香りで役立つもの

 

beauty-1308687_1920

 

アロマは、精神を落ち着かせて心を癒す自然療法として世界中で昔から親しまれてきました。

 

香りの種類には様々なものがありますが、リラックスできる香りには「ハーブ系」や「ウッディ系」、「柑橘系」などが代表的です。

 

ハーブ系であれば、ローズマリーやクラリセージ、ジャスミン、ラベンダーなどで花を摘み取ったような草原のような安心感がある香りのものが多いです。

 

ウッディ(樹木)系は、ユーカリやローズウッドなど森林の中にいるような自然が感じられるような癒しの香りが多いようですね。

スポンサーリンク

柑橘系には、オレンジや柚子、ライムなどがありフレッシュで爽やかな気分にさせてくれるので気分転換になるでしょう。

 

香りには好みもそれぞれあるので好き嫌いが分かれやすいですが、ハーブ系やウッディ系、柑橘系は香りも強いものが少なく大衆向けであると言えます。

 

部屋にアロマグッズを置いておけばリラックスできる空間になりますし、入浴時に使えばリラックスできるひと時が過ごせます。

 

また、ハンカチなどにアロマオイルを垂らしておくことで身につけるのもいざという時に使えるでしょう。

 

それ以外では、視覚から得られる作用も強いと言われているので色の効果も利用したいですね。

 

次のページでは、色が持つ作用についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す