予知夢が現実になった時の話をしてみようと思う

予知夢が現実になったことは今までに何度かあるんですが、その中でも一番印象に残っているものがあります💡

それが、歯がグラグラする夢を見た時のことです。

 

予知夢を見る人の特徴と方法とは?でも一部ご紹介しているのですが、今回はそのことについて詳しくご紹介したいと思います。

 

私が住んでいるところはまだ梅雨明けしておらず、雨の日が続いていますが予知夢が現実になった日も雨の日だったんです…

 

なので、雨の日が続くとたまに思い出すのですが…この機会に予知夢が現実になった話をしてみようと思います。

スポンサーリンク

ある日とっても変な夢を見た

 

昔から夢をよく見ることが多かったのですが、それまで予知夢は見たことがありませんでした。

でも、ある日とっても変な夢を見たんです。

 

夢の中で私は歯が抜けそうになっていて…

確か右側の歯だったと思うのですが、もう永久歯なのにグラグラするんです…

 

抜けそうだけど抜けない、歯ぐきがグニャグニャで歯が抜けてしまいそうな感覚に陥る夢でものすごく気持ち悪い感じがしました💦

朝目覚めてからもその気持ち悪さは続いて、心配になって鏡で確認したほど。

 

でも、実際はグラグラしている歯なんてありません。

当時、歯の治療を受けていたわけでもなく虫歯などもなかったため変な夢だなぁと思ったんです。

 

これが1回きりの夢だったのであればそう気にしなかったと思いますが…その後も数日して同じ夢を見ました。

2回目も同じ歯がグラグラする夢。

 

3回目も似たような夢を見たんですが、3回目はあまり夢の内容を覚えていなくて…

ハッキリ覚えているのは2回。

 

その頃は、夢占いで夢を調べることなんてなかったんですが初めて調べてみました💡

すると、歯がグラグラする夢は自分に近い人に不幸が起こる夢である、ということがわかりました。

 

前歯に近いなら自分よりも年下の人に、奥歯に近いなら自分よりも年上の人に不幸が起こると…

私の場合は前歯でも奥歯でもなかったんですが、どちらかといえば奥歯でした。

 

もし家族に何かあったらどうしよう…と心配になったのを覚えています。

でも、1か月経つ頃には段々忘れ、2か月くらいなる頃にはもう忘れていました。

 

連絡は突然来た

 

最初の連絡は共通の友人から。

ある友人が亡くなったとの連絡が来たんです。

 

その友人は私より何歳か年上、共通の友人を介して仲良くなり他の友人も交えてご飯に行ったり仲良くしてもらっていてとっても良い人だったんです。

でも、亡くなる少し前にラインのメッセージ欄に「ごめん」の文字がありました。

 

何かあったのかな?

と思ってはいましたが、でもそこまで深刻だとは思っていなかったんです。

 

この時何か出来ることを考えていたら…結果は違ったのかなと今でも思います。

その友人は、雨の日に公園で自ら命を絶ちました。

 

公園に落ちていたスマホには家族の連絡先が一切なく、一番最近に連絡を取っていたのが私に連絡をくれた共通の友人だったので…

警察からその友人に連絡が行き、友人が私に連絡をくれたのでした。

 

その時、2か月前に見た夢はこれを予知していたのかな…と初めて気付きました。

その数日後にも、学生時代の担任の先生が亡くなったと同級生から連絡が来たんです。

 

夢で見たのは2回なので、実際に2回現実になったのかな?と。

担任の先生の場合は、病気だったので悲しいですがしょうがないと思える部分もありましたが、友人の場合は悲しいだけではなくて悔しさが残りました。

 

雨の日になると思うこと

 

昨日、両親祖父母は大切にするべきだけど支配されてはいけないという記事を書いたんですがこれは友人が亡くなった理由なんです。

本人の口から聞いたわけではないのですが、私はそう思っています。

 

というのも、当時友人は20代後半だったにもかかわらず夜8時になると母親から電話がかかってきて今どこに誰と居て何時に帰るのか激しく問いただされていました。

 

友人はそれを嫌がっていて、段々母親からの電話に出ないようになるのですが今度は姉から電話がかかってきて…

姉の電話に出ると、なんで母親の電話に出ないんだとまくしたてられるのです。

 

友人は母親や姉の過干渉に神経をすり減らしていて、たまに相談に乗ることはあったのですが友人もあまり話したがらず解決策を提案することもありませんでした。

でも、今思えば自分の人生を親に支配されて苦しんでいたんじゃないかと思います。

 

とっても優しい友人が亡くなって少し経ってから、すごくショッキングな夢を見ました。

夢の中は真っ暗闇で、私が辺りを見渡していると亡くなった友人が現れました。

 

友人は見たことないようなすごい怖い顔でこちらをにらんでいて、涙を流していました。

なんで自分がこうならなきゃいけないの?という声が聞こえてきそうでした。

 

その姿が怖かったんですが、同時にとてもかわいそうで何もできなかった自分も情けなくて…

朝起きたら涙が沢山出ていてすごく悲しかったです。

 

それ以来、その友人の夢は一切見ていないのですが今でも雨の日が続くとふと思い出すことがあります。

予知夢は確実に存在します。

 

誰でも見られるものではないかもしれませんが、もし気になる夢を見たらその夢を調べてみて何か心当たりがあれば考えつく限りの対策を取ってみてください。

 

私はそのサインを見逃してしまっていたのですが、もしかするとそれが未来を変えるきっかけになるかもしれないですから。



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す