ビジネスで使えるレインブーツとは?人気ブランドと素材の選び方「メンズ編」

leather-691609_1280

しとしと雨が続く梅雨の時期や台風の影響で土砂降りの雨が続く日、雪がちらつく冬場などに便利なのがレインブーツ。

 

気をつけていても水溜りがあったりすれ違う車からの泥はねがあったり、足元が汚れる機会は色んなところにありますが実際に汚れると気分も落ちてしまいますよね。

 

レインブーツであれば雨が染みて靴下が塗れてしまうことも無いので、雨降りの時には重宝できます。

 

お仕事中も快適に過ごしたい時は、ビジネス用のレインブーツを揃えておくと良いでしょう。

 

そこで、今回はビジネスでも使えるメンズのレインブーツの人気ブランドと素材の選び方、お手入れ方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ビジネスで使えるレインブーツの人気ブランド

rain-122691_1280

一般的にレインブーツと言えば、カジュアルなデザインのものが多く普段使い用のものが多いです。

 

女性の場合はハイカットのものやロングのレインブーツもよく履かれますが、男性の場合でビジネス用となると革靴風のアンクル丈のレインブーツ一択になると思います。

 

スーツに合わせるなると、見た目はレザーっぽいですが防水ラバーで出来ているブーツが一般的です。

 

お値段は五千円以下で買える低価格なものから、数万円する少し高価なものまで様々あります。

 

同じラバーでも合成のものであればより低価格、天然のものであれば価格は高めになります。

 

年代問わず人気が高いブランドは、以下5つのブランドがあるのでご紹介します。

 

レインブーツの人気ブランド

「MACKINTOSH  PHILOSOPHY」

・「BROGUE」

icon-angle-double-right・「SUIT COMPANY」

icon-angle-double-right・「REGAL」

icon-angle-double-right・「Amaort」

 

ブランドにも色々なものがありますが、特にこの辺りが知名度・人気共に高いと思います。

 

普段の会社用だけではなく、雨降りの休日にも履けるようなデザインのものが多いので使い回しが出来そうです。

 

有名なブランドのものでなくても、気に入ったものがあればそれを履くのが一番良いですがその際には使われている材質にも気をつけましょう。

 

レインブーツを選ぶ際に参考にしたいのが、ゴアテックスという素材です。

 

ゴアテックスとは、防水性と透湿性に優れた仕組みを持つ素材でありレインブーツにはもってこいの素材の一つです。

 

水分や汚れなどを弾き飛ばして、中にこもる蒸気を外部に排出してくれる優れものなのです。

 

その性質からよくアウトドア製品で使われ、中でも登山ウェアに使われている素材でもあります。

 

雨は通さないので染みない、冷えない、という良さがありますが一方でかいた汗は外に出すという良さもあるのでまさに登山に欠かせない素材となっています。

 

外からの水分を中に通さずに、中からの水分は外に出すというシステムが靴にも使われているとなるととっても履き心地が良いわけです。

 

足元は体の部位の中でも蒸れやすい場所ですし、蒸れれば不快感プラス臭いも気になってきますよね。

 

ラバーブーツはお手ごろなものが多く、手入れも楽なのでガシガシ使える良さがあります。

 

見た目的にも、一見レザーのような質感のラバーブーツも多いです。

 

しかし、底が薄くて足が疲れてしまったり長時間履いていると蒸れやすくなってしまうのが難点です。

 

その点ゴアテックス素材のレインブーツはお値段は数万円からと高めですが、快適さ重視で仕事がしたい人、防水ラバー系の靴が合わない人に良いと思います。

次のページでは、使った後のお手入れ方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す