プーアル茶の効能とは?効果的な飲み方と美味しい基本の入れ方

india-330_1280

プーアル茶とは、中国は雲南省の南部から南西部を原産地とする黒茶の一つに分類されるお茶です。

 

酵素を使って緑茶を発酵させた生茶と、生茶を多湿の環境で管理してカビを利用しながら発酵させた熟茶の二種類があります。

 

そんなプーアル茶には、飲めば体の良い様々な効能があると言われています。

 

今回はプーアル茶の効能と効果的な飲み方、美味しい入れ方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プーアル茶の主な効能

tea-620820_1920

中国発祥でその後日本に伝わったとされるプーアル茶は、400年以上前から飲まれている歴史の長いお茶の一つです。

 

同じように中国から伝わったお茶では、ダイエットに良いと言われるウーロン茶が代表的ですよね。

 

プーアル茶もダイエットに良いと言われ、脂肪の吸収率を下げて吸収した脂肪はすぐに燃やして分解しやすくしてくれるのだそう。

 

プーアル茶には「没食子酸」と「重合カテキン」という物質が含まれていて、脂肪を分解しやすくする胆汁の働きを抑えて吸収されにくくするのだとか。

 

吸収されなかった脂肪は消化されずに、体外へ排出することになるので脂肪の増加を抑えることが出来るでしょう。

 

また、吸収した脂肪はリパーゼという酵素が燃焼しやすいようにサポートしてくれるので脂肪が遊離脂肪酸へと変換されて体内に蓄積されにくくなります。

 

プーアル茶に含まれるポリフェノールには、抗酸化作用があるのでアンチエイジングに良く腸内環境をまず整えて整腸作用を上げることで肌トラブルの予防改善や内臓機能の向上になります。

 

カテキンには免疫力を上げる働きがあるので、風邪を引きにくく病気の予防にもなります。

 

ミネラルも豊富なので老廃物の排出を促進することで、むくみ防止や疲労回復にもなる働きがあるのだそう。

 

これだけ色々な効能があると、プーアル茶が今まで愛されてきた理由がよくわかりますね。

 

お茶なのでいつ飲んでも良いのですが、効果的な飲み方もあるのでタイミングを見計らって飲むようにするとより良いですね。

 

次のページでは、プーアル茶を飲むと良いタイミング、効果的な飲み方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す