旅館でチップは必要?相場はいくら?渡し方のマナーとタイミング

ryokan

お世話になった印として、感謝の気持ちを込めたお礼としてサービスに従事しているスタッフに渡すチップ。

 

海外では地域にもよりますが、習慣化されているところもありますし特別に気持ちを伝えたい時だけ渡したりすることもありますし、日本同様基本的に必要ないものとされているところもあります。

 

現在ではそういったサービス料は支払う金額にもともと含まれているので、チップの習慣は無くなりつつありますが、それでも気持ちなので渡すこと自体はよくあることだったりします。

 

今回は旅館でのチップの必要性や相場、渡し方などのマナーについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

旅館でのチップは必要なのか?

meshi

一般的には、日本では必ずしもチップを渡さなくてはいけないマナーはありません。

 

色々とお世話をしてもらってお礼がしたいという特別な気持ちがある時は渡せば良いというだけで、必ず渡さなくてはいけないものではありません。

 

もともと、宿泊代金にはあらかじめサービス料も含まれているので通常範囲内のサービスを受けたのであればチップとしてお金を渡す必要は普通は無いと思います。

 

ですが、通常の範囲内のサービス以上のことをしてもらって満足した時個人的なお願いを色々と聞いてもらった時などは渡した方が良いこともあります。

 

例えば、部屋が気に入らなかった場合や旅館のご厚意で部屋を変えてもらう際に料金はそのままでグレードアップしてもらったという時もチップを渡すのも良いと思います。

 

それ以外では、誤って何か備品を壊してしまったのに特に弁償しなくて良いと言われた時や、ケガや急な体調不良などで移動の手伝いや手配をしてもらった時などですね。

 

受け取ってもらえないケースもあるかもしれませんが、気持ちとして渡すのは喜ばれることが多いはずです。

 

次のページでは、相場の大体の目安についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す