誰にも届けられないメッセージは漂流郵便局へ。手紙の送り方・行き方とは?

stand-813867_1920

 

言いたいけど言えないことや、誰にも伝えられない気持ちは実は多くの人が持っているものだと思います。

 

それが現在ある人、過去にあってずっと心の片隅にあるという人も多いのではないでしょうか。

 

言わなくても良いことでも、絶対人には言えないようなことだとしてもそれを一度でも吐き出すことが出来たらずっと楽になることもあります。

 

直接誰かに思いを打ち明けることが出来なくても、その気持ちを吐き出して他の人と共有することも出来るはずです。

 

そんな時、漂流郵便局に手紙を出したり実際に訪れて見ると良いかもしれません。

 

今回は、漂流郵便局への手紙の送り方や行き方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

漂流郵便局とはどんなどころ?

 

mailbox-1497635_1920

 

漂流郵便局というのは、ただの郵便局ではなく香川県は三豊市にある宛て先のない手紙を受け取ってくれる郵便局のことです。

 

漂流郵便局がある粟島は、昔は寄港地として栄えていた場所であり様々な人や物が行き交っていたと言われています。

 

そして、そこにまるで漂流してたどり着いたかのように粟島を訪れることになったアーティストの久保田沙耶さんによって漂流郵便局が開設されたそうです。

 

郵便局という名前ですが、実際に一般的な郵便局の機能はしていないので宛て先のない手紙を展示・公開する場所になっています。

 

そのため、漂流郵便局に手紙を出すことも出来ますし実際に訪れることで展示されている手紙の内容を読むことも出来ます。

 

誰かに宛てたもの、誰に宛てたものでなくても自分宛ではない手紙を読むという機会はないと思うので足を運んでみるのも良いかもしれません。

 

次のページでは、展示されている手紙の内容についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す