ピーカンナッツの効能とベストな食べ方。くるみとの違いは?

pecan-1090266_1920

ピーカンナッツは、「ピカン」、「ペカン」などとも呼ばれる種子でありナッツの一種になります。

 

中には比較的たっぷり脂肪分が含まれているので、ピーカンナッツの木は別名「バターの木」とも呼ばれています。

 

生でもそのまま食べられますが、一般的にケーキやクッキーなどのお菓子に使ったり料理のトッピングなどとしても使われます。

 

サクサクカリカリしていて食べやすいピーカンナッツですが、健康にも良い作用が色々とあります。

 

ナッツ類は美容に良いと言われるものが多いですが、ピーカンナッツも欠かせません。

 

今回は、そんなピーカンナッツが持つ効能やおすすめの食べ方、くるみとの違いなどについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ピーカンナッツが持つ効能とは?

nutcracker-245620_1280

ピーカンナッツは、100g当たり約700kcalで脂質が多くタンパク質、炭水化物、カリウムやマグネシウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルなどをバランスよく含んでいます。

 

抗酸化作用が高く、n-3不飽和脂肪酸を多く含むので健康・美容に良いと言われています。

 

一般的に、以下のような作用があると考えられています。

 

◎主な作用

・エイジングケア

・免疫力アップ

・生活習慣病の予防

・動脈硬化を防ぎ心臓病の予防

・コレステロール値を改善する

・不整脈の予防

・風邪予防

 

現代で増えている生活習慣病を防ぎ、重大な病気のもとになる動脈硬化、健康な人でも引きやすい風邪などの予防にも良いということで病気知らずの健康体になれそうです。

 

ビタミンEの一種であるガンマトコフェロールを多く含み、100g当たり25㎎含むと言われナッツの中ではアーモンドに次ぐ豊富さと言われています。

 

また、カロテノイドやエラグ酸などの抗酸化成分も多いのでエイジングケアに良いと言われているんですね。

 

ただし、ピーカンナッツは脂肪分が多いのでおやつ感覚で食べても量は少なめに食べるようにしたいですね。

 

次のページでは、ピーカンナッツのベストな食べ方・くるみとの違いなどについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す