こたつのヒーターの種類と選び方は?ドライバーで取り替え簡単?

winter-1645682_1920

 

日本人にとって欠かせない暖房器具の一つであるこたつは、各家庭に必ずある冬の必需品だと思います。

 

寒い日には足を入れるだけで、ほっこり温まりますし冷え性の人は特に冬の間は離れられなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そんなこたつも消耗品なので、使っていくうちにどんどん劣化していずれ使えなくなる時がやってきます。

 

テーブルや足はしっかりしているのに、肝心のヒーターが壊れて使えないというケースも多いと思います。

 

そこで今回は、こたつのヒーターの種類や選び方、取り替え方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

こたつのヒーターにはどんな種類がある?

 

a0016_000248

 

一般的にこたつに使われるヒーターの種類には、主に3つあります。

 

それは「ハロゲンヒーター」「石英管ヒーター」「コルチェヒーター」の3種類でそれぞれが違った良さを持っています。

 

ハロゲンヒーターは、石英管ガラスの内部に「タングステン線コイル」と「不活性ガス」(窒素ガスやアルゴンガス、ハロゲンガス)を入れたものです。

 

立ち上がりが速いのですぐに暖かくなる近赤外線タイプで、平均寿命は8000時間とそこそこの長寿命となっています。

 

石英管ヒーターは、石英管ガラスの内部に「ニクロム線」を入れたもので立ち上がりがゆっくりなので徐々に温まる感じで平均寿命も7000時間と少し短めですが、遠赤外線が放出されるので体の芯までしっかりと温めることが出来ます。

 

コルチェヒーターは、石英管ガラスの内部に「タングステン線コイル」と「不活性ガス」(窒素ガスやアルゴンガス)を入れたものです。

 

立ち上がりがかなり速くすぐに温まり、平均寿命1万時間と寿命も一番長いといった特徴があります。

 

種類 特徴
ハロゲンヒーター 立ち上がりが早い:平均寿命8000時間 中間の値段
石英管ヒーター 体の芯まで温まる:平均寿命7000時間 値段が安い
コルチェヒーター すぐに温まる:平均寿命1万時間 値段が高い

 

それぞれ一長一短があるわけですが、どれをどのように選ぶのが良いんでしょうか。

 

次のページでは、ヒーターの選び方についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す