お彼岸の時期は春と秋?墓参りの時間帯と服装は?お供え物と花は?

 

a0150_000183

 

ご先祖や自然に敬意を表し、感謝の気持ちを捧げるためにある毎年の恒例行事であるお彼岸。

 

この日には、お墓参りや掃除、お供え物などをして先祖を供養するというのが一般的です。

 

そんな、お彼岸ですが時期が毎年微妙に違ってくること、春と秋があるので混同してしまいます。

 

そこで、今回はお彼岸の時期とお墓参りの時間と服装、お供え物などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お彼岸の時期はいつからいつまで?

 

まず、彼岸とはサンスクリット語が語源となっていて、漢字に直した言葉が「到彼岸」となります。

 

彼岸とは先祖が辿り着いた悟りの世界であり、私たちが居る煩悩と迷いの世界が此岸であり、彼岸にちゃんと到着できるよう修行の期間がお彼岸であると言われています。

 

もともとは仏教から来ている言葉ですが、今の日本でいうお彼岸というのは先祖を供養するという意味が込められています。

 

そんなお彼岸は、春と秋の年2回あり春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日間の1週間、合わせて年に2週間あります。

 

それぞれの初日を彼岸の入り、終日を彼岸の明けと呼び、春分の日と秋分の日をお中日と呼びます。

 

なぜお彼岸にお墓参りをするのかというと、春分の日と秋分の日はちょうど真東から太陽が昇り真西に沈み昼と夜の長さがほとんど同じくらいになります。

 

この時期が先祖の住む世界と私達が居る世界が最も通じやすくなると考えられ、ご先祖供養をするようになったことと農耕文化の日本で春の種まきと秋の収穫にちなんで自然への感謝の気持ちも持つようになったからだと言われています。

 

2015年のお彼岸は春は3月18日の水曜日から3月24日の火曜日まで、秋は9月20日の日曜日から9月26日の土曜日まででした。

 

2016年は、春は3月17日の木曜日から3月23日の水曜日まで、秋は9月19日の月曜日から9月25日の日曜日まで。

 

そして、2017年は春は彼岸入りが3月17日の金曜日、お中日が3月20日の月曜日、彼岸明けが3月23日の木曜日です。

 

秋のお彼岸は、彼岸入りが9月20日の水曜日、お中日が9月23日の土曜日、彼岸明けが9月26日の火曜日となっています。

 

次のページでは、お墓参りの時間や服装などについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す