おはぎとぼたもちの呼び名の違いとは?由来はどこから来ている?

ohagi

おはぎとはうるち米にもち米を合わせて炊いたもので、軽くついて丸めてきなこやゴマ、餡などで包んだもののことです。

 

同じような食べ物にぼたもちがありますが、それぞれの違いは一体なんなんでしょうか。

 

その違いや呼び名の由来については、意外と知られていなかったりします。

 

そこで、今回はおはぎとぼたもちの違い、呼び名や由来などについてご紹介たいと思います。

スポンサーリンク

おはぎとぼたもちの違いは時期?

 

おはぎとぼたもちって見た目が同じなのにそれぞれ名前があるので、何でなんだろうと思ったことがある人も多いと思います。

 

実はおはぎとぼたもちは同じものなのですが、食べる時期が違うことで呼び名が変わっているんです。

 

おはぎは漢字でお萩と書き、ぼたもちは漢字で牡丹餅と書くようにおはぎは萩の季節である秋のお彼岸の頃に食べ、ぼたもちは牡丹の季節である春のお彼岸の頃に食べるんです。

 

小さな小豆の粒を牡丹や萩に見立てているんだそうです。

 

おはぎとぼたもちは使ってる食材や作り方は同じですが、実は大きさや形には若干の違いがあるんです。

 

おはぎは萩の花のように少し小ぶりで長めに、ぼたもちは牡丹の花のように大きく丸い形になっているんです。

 

おはぎとぼたもちは隣に並べて比べてみないと、一見わからないかもしれないですね。

 

現在ではほとんど無いですが、昔は餡にも違いがあったと言われています。

 

おはぎは滑らかなこし餡で、ぼたもちは食感の良いつぶ餡のイメージが強いかもしれませんが、実はおはぎがつぶ餡ぼたもちはこし餡になるのだそうです。

 

それは、収穫時期の違いによるものなんですね。

 

秋が旬になる小豆は、収穫してそのまま使えば皮もまだ柔らかいので皮ごと潰して餡を作っていたのでおはぎはつぶ餡なんです。

 

一方秋から冬になり、冬を越して春になった小豆はその頃には皮も乾燥して固くなってしまっています。

 

そのまま皮ごと潰してしまうと食感が良くないので、皮を取り除いてこし餡を作りそれがぼたもちに使われているのだとか。

 

今は品種開発や機械の技術も発達しているので秋に収穫した小豆を春に使っても問題なくつぶ餡が出来るので違いがほとんど無いような状態なんですね。

 

次のページでは、お彼岸の時期におはぎやぼたもちを食べる由来についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す