濃溝の滝の場所は観光に最適?訪れるとよい時間帯やアクセス方法は?

 waterfall-204398_1920

千葉県にある秘境と言われるスポットの一つが、濃溝の滝になります。

 

一目見るだけでその景観に感動するほど美しいと言われる場所で、まるでジブリの世界にでも溶け込んだかのような気持ちにさせてくれると言われる癒しスポットです。

 

滝の周りの洞窟は人の手によって掘って作られたものとされていますが、滝と洞窟、日光が差し込む感じがその時間によって雰囲気を変えて見せてくれます。

 

どの季節に行ってもその時期の良さが味わえて楽しむことが出来ますが、出来るだけベストな時間帯に行って一日の中でも最高の瞬間をカメラに収めるのも良いですよね。

 

そこで今回は、国内外で注目されている濃溝の滝の場所や行くべき時間帯、アクセス方法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

濃溝の滝の場所とは?

 

autumn-994897_1920

濃溝の滝は、千葉県は君津市にある「清水渓流公園」の中にある滝で公園内には濃溝温泉やお食事処もあり日帰りも宿泊も可能な環境が整っています。

 

周辺の観光名所としては、「三石山観音寺」、「大多喜城」、「清澄寺」、「仁右衛門島」、「鴨川シーワールド」や「マザー牧場」などもあり子供から大人、カップルから家族まで楽しむことが出来ます。

 

濃溝の滝だけでも十分見に行く価値がありますが、これだけ周辺に観光スポットがあると見所が色々とあるので日帰りでも宿泊でもめいっぱい楽しむことが出来そうです。

 

千葉県は君津市にある、笹川湖最上流にある清水渓流公園にあります。

 

千葉ということで都内からもアクセスが楽ですし、週末にちょっと足を伸ばせば簡単に行くことが出来るのでちょっとした気分転換にも良さそうですね。

 

どんな時期に行っても楽しめると言われる濃溝の滝では、一度訪れた人がまたすぐにリピーターとなって戻ってくると言われるほどどんな季節でもその時の良さがあるようです。

 

ですが、一日のうちでも特に水面に光が差し込む時間帯に訪れるとよいと言われているのでその時間帯を狙って出来るだけ行くようにするとより楽しめるかもしれません。

 

次のページでは、訪れるべき時間帯についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す