新年の挨拶メールはいつまで送る?例文は?返信する時は?「ビジネス編」

calendar-628120_1280

スマホやパソコンが以前よりもずっと身近でより便利な存在になったことで、新年の挨拶も年賀状よりもメールで送るという人も多いのではないでしょうか?

 

もちろん、年賀状を出すほうがより丁寧で気持ちがこもっている感じがしますし、特に会社関係の人には年賀状を出す人も多いと思います。

 

それでも年賀状を送ることと別に、メールでも改めて新年の挨拶をするのが一般的になりつつあります。

 

そこで今回は会社関係、ビジネス関係の相手に送る新年の挨拶のメールの書き方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新年の挨拶のメールの例文

 

上司に送る新年のメールは、年が明けてからの最初の出勤の時や元日に送るようにします。

 

あまりダラダラ長過ぎても読む手間がかかりますし、短すぎてもそっけないので適度に読みきれる文にするのが理想です。

 

伝えたいことをシンプルにまとめ、日頃の感謝や来年への意気込みなどを中心に文を作ると良いでしょう。

 

年が近くいくら仲が良いという場合でも、くだけた文は控えて礼儀正しく品のある文にすると喜ばれると思います。

 

~上司宛ての例文~

タイトル:新年のご挨拶

本文:○○課長

新年明けましておめでとうございます。○○課の○○です。
旧年中は大変お世話になりました。様々な場面で助けてくださり心より感謝しております。

元旦はいかがお過ごしでしょうか?
入社してから大分日は経ちますが、初心を忘れず精進して参りたいと思います。
本年もまたご指導の程宜しくお願い致します。

○○ ○○(名前)

 

必ず件名には新年のご挨拶であることがわかるように打ち込み、自分の課や名前もフルネームで丁寧に入れることを忘れずに。

 

次に、取引先に送るメールですがお世話になっている相手に対して感謝の気持ちと共に、幸先の良いスタートを切れるようにするためのコミュニケーションの手段の一つです。

 

年始回りの日にちの確認もあるので、必ずいつから仕事が始まるのかを明記しておくと親切ですね。

 

新年のメールを送る時は、相手がだれであれ必ず件名に新年のご挨拶が分かるように文を入れますが企業宛ては特にわかりやすいように会社名や担当者の名前を入れるのも良いです。

 

年末年始はメールを受信することが多くなりますが、この時期は迷惑メールも届きやすくなるそうです。

 

ウイルス対策のため、迷惑メールは極力開かず省いて処理していくケースが多いので件名を入れ忘れて迷惑メール扱いになると新年のあいさつも読んでもらえないことになります。

 

年始になり、仕事が始まると急ぎのメールや仕事に関するメールなどが先に開かれて新年のメールも読まれますが迷惑メールでないことが見てすぐにわかるような件名にすることが大事です。

 

~企業宛ての例文~

icon-envelope-oタイトル:年頭のご挨拶

icon-comment-o本文:株式会社○○ ○○事業部

○○様

ー謹賀新年ー
昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も社員一同、一丸となって更なる努力をしてまいりますので昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

尚、新年は○月○日から通常通り営業させていただきます。
平成○○年 元旦

〇〇株式会社 
〇〇課 〇〇

参考:年始回りの記事についてはこちら

 

また、お客様に送る場合ですが、お客様との会話の内容やお客様が言っていたことなども織り交ぜながら文を考えるのも良いと思います。

 

お子さんのこと、ご家族のこと、お仕事のこと、最近はじめられた趣味のことなど何でも良いので会話で盛り上がったこと、印象的だったことなどを中心にピックアップして書いてみましょう。

 

また再度お客様に足を運んで頂けるような、また商品やサービスが必要だと思って頂けるような文面にしたいですね。

 

~お客様宛ての例文~

icon-envelope-oタイトル:謹んで新年のご挨拶を申し上げます

icon-comment-o本文:○○様(ご家族ご一同様)

株式会社○○の○○と申します。
旧年中は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

本年もスタッフ一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存です。
本年も昨年同様のお引き立てを宜しくお願い申し上げます。

○○様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
尚、新年は○月○日より平常通り営業させて頂きます。

平成○○年 元旦
〇〇株式会社 〇〇

 

次のページでは、あいさつメールをいただいた時の返信の書き方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す