rocket-461750_1920

 

新潟県は、長岡市で毎年開催される豪華絢爛で派手な長岡花火大会。

 

秋田県大仙市の大曲の花火大会や茨城県土浦市の土浦花火大火に並ぶ、全国三大花火大会の一つとなっていて全国各地に多くのファンが居て毎年魅了しています。

 

その為、市内だけでなく県外からも花火を見にわざわざ足を運ぶ人も沢山いるんですね。

 

出来ればおすすめの席、見晴らしの良いベストスポットをしっかりと確保してより花火を楽しみたいですね。

 

そこで、今回はそんな長岡花火大会の日程や場所取り、ホテルの予約の時期などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

長岡花火大会の日程

 

candles-168011_1920

 

長岡花火大会は毎年8月2日と3日の二日間行われ、午後7時半頃から午後9時頃までとなっています。

 

他の花火大会は一夜だけ行うところが多いですが、長岡花火大会は二日間あるのではしっかり堪能できそうですね。

 

また、1日には前夜祭として夕方から灯篭流しや太鼓の演奏、行進などが行われるのも楽しめるポイントの一つです。

 

2日と3日の日中には、夜の花火大会をより一層盛り上げるように様々なお店が出たり氷の彫刻やダンス大会などといったバリエーションある催し物も多いです。

 

前夜祭から花火大会が行われる3日までの3日間は、これだけ色々な催し物があると夏の風物詩であるお祭りが十分に楽しめそうですね。

 

花火大会では、色々な席が用意されていてその場所によっても花火の見え方や居心地の良さは違ってきます。

 

有料の席もあれば無料の席もありますが、出来れば無料の席だとしてもなるべくベストスポットを見つけて思う存分楽しんで過ごすことが出来たら良いですよね。

 

次のページでは、おすすめの席と場所取りについてご紹介します。