お風呂の排水口からムカデが出てくる原因とは?噛まれた時の対処法は?

image8

ムカデは、土壌に良くいる虫で庭や木が生い茂っているところでは見かけるものですよね。

 

全体的に足が沢山ついていて動く姿も見るからに不気味な虫ですが、そんなムカデは家の中に度々出没することがある虫でもあります。

 

どうやって侵入するのかというと、開放しているドアや窓から入ってきたり、洗濯物を外に干している時にくっついて家の中に入ることもあるようですが、実はお風呂場の排水口から侵入してくるケースもあります。

 

見つけた時はドキッとしますが、噛まれないように始末するために落ち着いて行動することが大事です。

 

そこで今回は、お風呂場の排水口からムカデが出てくる原因や対策、万が一噛まれた時の対処法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ムカデが風呂場の排水口から出る原因

 

 

先日のことなのですが、実家で深夜テレビをぼーっと見ている時のことでした。

 

ちょうどその時母のスマホに電話があり、その後母が居間がある二階から下へと階段を下りて行く足音が聞こえたのですが階段の途中でドドっとぶつかるような鈍い音がしました。

 

一瞬、何かにぶつかった?と思ったのですが電話で話しながら急いで母が引き返して何かを取りに戻りまた階段を下りて行きました。

 

そして、また階段を下りる足音が聞こえたと思ったらいきなり「バシッ!!」と何かを叩きつけるような音が聞こえました。

 

それから母は更に階段を下りて、一階で数十分長電話をしてからまた階段を上って二階に戻ろうとしていました。

 

そして、階段の途中で「ねぇねぇ、ちょっと来て!」と私に向かって叫んでいます。

 

なんか虫でも居た?と思い、おそるおそる階段の上から見下ろしてみると階段の途中にハエ叩きが置いてあります。

 

そして、ハエ叩きの下になっているものをよーく見てみたら足が沢山左右についているムカデだったんです。

 

母は、階段を上っているムカデを仕留めたものの怖くて捨てられずそのままにしていて翌朝父に捨ててもらうと言っていたのですが、一晩そのまま置いておくのが嫌だったので私が捨てました。

 

と言っても、階段の下にゴミ袋を置いてその中に落とすような形で捨てただけなのですがムカデが小さかったのでまだ平気でした。

 

母曰く、浴槽をよじ登っているところを見たことがあるらしくその時は熱湯をかけてそのまま排水口に落ちていったようなのですが家の中で見たのは初めてでした。

 

浴槽を上ってお風呂場を出てから更に階段までよじ上るってすごいですよね。小さな体なのに。

 

ムカデが排水口から入ってくる原因は、ムカデはジメジメと湿ったところを好んで生息するようになるからだそう。

 

そして、そこに少しでも小さくても隙間さえあればそこから侵入して家の中に入ってくるようです。

 

ムカデは乾燥に弱いのですが、お風呂場ってどんなにしっかり乾かしても完全に湿気を無くすことって難しいですよね。

 

なので、どうしても家の中でもお風呂場、浴槽や洗面台を中心に発生しやすいようです。

 

次のページでは、ムカデを見つけた時に退治する方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す